上海SNH48総選挙に日本人が投票する方法(でもほぼ不可能)

上海SNH48第五回総選挙の投票がいよいよ今日2018/06/09(土)始まった。とりあえず投票方法だけまとめておく。忘れているところがあれば筆者のツイッター(snh48info)までメンションください。

SNH48総選挙は第一回以降、日本人向けの投票方法がなくなったので、中国国内の知人か、日本在住の中国人の知人がいない日本人が、日本から投票するのは極めて難しくなった。

最大の問題は人民元での支払い。

WeChat Payやアリペイ(支付宝)は中国の銀行の現地支店に口座がないと支払いができないので、ここをリスクの高い方法でクリアすれば、逆に、SNH48公式オンラインファンクラブの会員登録さえ不要になる。

(中国の銀行の日本の支店で口座を作ってもWeChat Payやアリペイに入金できないのでご注意を)

クイックチャイナでEPを買う方法

日本人がとれるリスクの低い安全な方法は、クイックチャイナで投票券付きEPを購入して1票ずつ投票すること。実質的に輸入代行でSNH48のEPを購入する方法だ。

中国に知人がおらず、日本に住んでいる中国人の知人もおらず、中国の銀行の現地支店に口座もなく、リスクもとりたくない日本人はこの方法しかない。

現地ファンが投票すると1票単価は最安で約32元(約600円)なので、この方法は約五倍の金額を払わされることになる。そのかわり日本語のオンラインショップで、日本のクレジットカード、コンビニなどで支払いできて最もリスクが低い。

クイックチャイナはこちら

少しでもコストを下げたければSNH48運営が48票の投票権がついたCDを発売するまで待ち、さらにクイックチャイナがそのCDを発売するまで待つのがよい。

この記事を書いている時点ではSNH48運営会社は16回投票権つきの応援版しか発売していない。それでも588人民元で16票なので1票あたり36.75人民元、通常のEPの半額で投票できる。

この方法でEPを購入した場合、当然、SNH48オンラインファンクラブへの会員登録が必要になる。

SNH48公式サイトには日本語ページがないので、中国語がある程度読める必要がある。また会員IDは携帯電話番号とのひもづけが必要で、携帯電話番号1つにつき1IDしか登録できない。

登録方法を画面付きでご紹介したいところだが、筆者はすでに登録してしまっており、このブログで以前ご紹介した手順から変わってしまっているので、ご紹介できず残念。きっと誰かが画面ショットつきの記事を作ってくれるはずなので、グーグルで検索してみてください(汗)。

会員登録さえ乗り切れば、投票ページの中国語を読みつつ、投票券のシリアルナンバーを入力して投票するだけ。

ただし、数十票投票したくらいで自分の「推しメン」の順位は上がらないので、この(1)の方法をとるくらいなら投票をあきらめることをおすすめする。完全にお金のムダなので。

中国人向け入金代行業者を使う方法

いきなりリスクが高くなる。普通の日本人がネットで人民元決済するハードルが高すぎるので仕方ない。

この方法は中国語の読み書きができる前提。そして自分の顔写真と身分証明書などの個人情報を業者に渡す必要があるので、それを悪用されても仕方ないとあきらめること。

当然ながら、すべて自分のリスクで行うこと。何があっても筆者は責任を取らない。

筆者が使ったことがある業者はこちらの業者。中国語が読めることが前提なので、自分で身分証明書の画像を送信して実名登録すればよい。

実名登録の認証さえ取れれば、WeChat Payなりアリペイに日本で作った国際クレジットカード(VISA、MasterCard等)で入金すればよい。おすすめはWeChat Pay。

レートが悪いのは仕方ない。例えばWeChat Payに500人民元の入金代行を依頼すると9684.25円。1人民元=19.36円と14パーセントほど手数料を取られる。さらにクレジットカードやPayPalの手数料が乗るので20パーセント強の手数料になる。かつ、返金要求はできない。

人民元入金の方法さえ確保できれば、あとはいくつか方法がある。

公式アプリ「Pocket48」で投票

公式アプリへの会員登録はアプリ内からできる。同じスマホ上にWeChatをインストールして事前に入金したWeChat Payが利用できる状態にしておく。

すると公式アプリ内の投票ページから現時点で1票50人民元で投票できる。投票権を購入するときに自動的にWeChat Payに移動するので、そこで支払いを済ませればいいだけ。

今のところ一度に1票しか投票できないが、そのうち48票やそれ以上一度に投票できるようになるはず。

中国ツイッター(新浪微博)で投票

今年は中国ツイッター(新浪微博)からも投票できるが、こちらはアリペイ(支付宝)しかダメなようなので、入金代行時に支付宝の方へ入金すること。今のところこちらも1票50人民元。2018/06/18以降は一度に48票投票できるようになる。

ここまでは自分自身で投票する方法なので、入金代行時のリスク以上のリスクはない。

ここからはさらにリスクを取ることで、さらに投票単価を下げる方法。

応援会のクラウドファンディングで投票

各メンバーの応援会がクラウドファンディングサイトで投票資金集めをしているので、そこへ入金する方法。この方法のメリットは応援会が最も単価の安い方法で投票作業を代行してくれるので「お金さえ払えばいい」こと。

いちばんよく使われるクラウドファンディングサイトは「owhat」と「摩点」。PCサイトから入金するより、スマホアプリの方がWeChatアプリと直接連携できるので便利だ。

アプリ上でメンバー名を検索すれば、資金募集中のプロジェクトが見つかるのでそこへ入金するだけ。

この方法を使う場合は応援会のQQグループに入っておくとさらに楽しめる。

たいていのメンバーの応援会のQQグループは、クラウドファンディングサイトへ誰かが入金するとリアルタイムでメッセージが飛んでくるように設定されているので、スマホかPCでQQを立ち上げて応援会グループを開いておくと、リアルタイムで誰がいくら入金したが飛んでくるので、みんなで盛り上がれる。

自分も盛り上がっているうちにどんどん入金してしまうので、ご利用はほどほどに。

ただし応援会に資金をあずけることになるので、最悪の場合応援会の責任者に資金を持ち逃げされるリスクがある。なので応援会のクラウドファンディングを使うこの方法が最もリスクが高い。

以上、SNH48グループの総選挙投票をいちばんディープに楽しむには、最もリスクの高い最後の方法がいいのだが、素人さんは手を出さないようにお願いします(汗)。

シェアする