北京BEJ48中国中央電視台の国際児童デー特番で『ちびまる子ちゃん』

中国と一部の国では6月1日国際児童デーということで、北京BEJ48が中国中央電視台音楽チャンネルCCTV15の特別番組『2018動漫音楽会(2018アニメコンサート)』に出演した。

この番組は毎年放送されていて、去年も北京BEJ48は出演し、そのときは中国産アニメ『宝伙与好友』のテーマソングを歌っている。

↓オフィシャルの高画質版が公開されるまではこの画質でどうぞ。

ツイッターの中国クラスターでも6月1日を国連が定めた国際デーと勘違いしているツイートがあるが、この日を子供の日にしているのは一部の国だけのようだ。

今年も中国産アニメの主題歌を歌わされるのかなぁ、と思ったら『ちびまる子ちゃん』の主題歌でなぜかホッとした。これでこそ48系!(笑)。中国でも『ちびまる子ちゃん』は人気で、SNH48グループのメンバーくらいの年齢なら誰でも知っている。

中国語のタイトルは『稍息立正站好』、台湾でメイヴィス・ファン(范曉萱)はカバーしたものが中国大陸でも歌われたらしい。「稍息」は体育の時間でいう「休め!」、「立正」が「気をつけ!」、「站好」はたぶん「整列!」。

↓タトゥーだらけの今の姿と全く違う昔のメイヴィス・ファン版のオフィシャルMVはこちら

なお中国中央電視台の正式な「六一児童節」の特番はこれとは別のいかにもといった仰々しい番組で、BEJ48が出演したこの特番はちょっとした音楽バラエティーという程度。まあその方が政府にガッツリとりこまれている感が無いので良いわけですが。

北京BEJ48らしい国営テレビのお仕事ということで、SNH48グループとしてはとても重要な役割。

シェアする