北京BEJ48チームBゆーわん(青鈺雯)たった数日でマスターしたパーフェクトな剣舞

2018/05/06の北京BEJ48チームBゆーわん(青鈺雯:上海六期生からの移籍組)の誕生日記念公演(生誕祭)での、彼女の剣舞がすごかった。

↓こちらの01:30あたりから。

彼女は剣舞は習ったことがなく、この日のためにわざわざ自腹で北京舞踏学院の剣舞の先生にレッスンを受けている。一から習うと費用が高いので自分である程度練習してから、たった二日でこの仕上がり。

剣舞は初めて触れた!以前に習ったことはないよ!北京舞踏学院の先生に何度かレッスンしてもらった。レッスン費用は実際安くないから、基礎は自分でマスターして、自主練してから習いに行った。振り付けも何度も何度もやり直して昨日の夜やっと固まった!みんな気に入ってくれたらいいな!

何てすごい人なんだろうと思う。

その他に同じチームBメンバーが登場する超中二病的シナリオの古装ショートムービーも含め、彼女がこの生誕祭でファンへのお礼として、ものすごく手間とお金をかけていることが分かる。

他の姉妹グループは知らないが、北京BEJ48チームEサンサン(蘇杉杉)が以前公式アプリ「Pocket48」の生放送で話していたことによれば、BEJ48運営会社は立て替え経費の精算承認をもらうのが難しいので、こういう特別パフォーマンスはすべて事実上自腹でやらざるを得ないとのこと。

さすがにショートムービーは上のゆーわんの書き込みにもあるようにスタッフが協力しているが。

ちなみにこの2018/05/06午後公演は、上海SNH48チームSII『美麗48区』、広州GNZ48チームNIII『第一人称』の通常公演もあった。(『美麗48区』は全曲オリジナル公演『第48区』の改編版)

ところが、中国のニコニコ動画クローン「ビリビリ動画」のネット生放送人気値は、上海本部SNH48チームSIIが15万を超えていたのは当然として、広州GNZ48チームNIIIは3.5万、北京BEJ48チームBゆーわん生誕祭は2.0万弱。

これだけ素晴らしい公演をやっていてもGNZ48の通常公演の生放送に人気で負けてしまうのが、北京BEJ48の現状。北京BEJ48運営会社の郭社長がいかにダメかが分かる。

シェアする