SNH48自主制作バラエティー『SNHello』第二シーズン第6回にダンス総監の馬先生登場

上海SNH48伝説のネットバラエティー『SNHello』第2シーズン第6回に何とSNH48ダンス総監督の馬先生が「国際馬」というあだ名で登場。現地SNH48ファンなら知らない人はいないダンス教師で、これだけでけっこう笑える。

↓中央が馬先生。

上海SNH48のダンスの水準は、フランスでモダンダンスをやっていたらしい(なので「国際馬」)、完璧主義者の馬先生の厳しい指導で維持されている。

たぶん馬先生としてはアイドルグループのダンスということで、思いきりレベルを下げているんだろうけれど、メンバーたちと強い信頼関係があってこそだろうと思う。

今回はダンス対戦。といってもまともに対決するはずがない。

↓左からトマト(呂一)グーグー(郝婉晴)ルーチャオ(王露皎)Pany(左嘉欣

↓左からAkira(趙粵)グーグー。石鹸水で足元がつるつる、後ろから大型扇風機で大変、的な。

筆者は正直、今回の第2シーズンは第1回以降まったく見ていなかったが、重慶CKG48から上海SNH48からの移籍組ルーチャオ(王露皎)だけでなく、チームKから李瑜璇吳學雨も参加しているのに驚いた。ひな壇だが無名の新人にチャンスを与えるだけ良心的。

↓ひな壇のいちばん右上が重慶CKG48チームK李瑜璇吳學雨

北京BEJ48からはチームBキャプテンDDD(段藝璇)、チームE陳倩楠、チームJルールー(黃恩茹)とバランスよく参加。広州GNZ48からはチームNIIIナオナオ(盧靜)Kimmy(鄭丹妮)Pany(左嘉欣)と全員チームNIIIだが妥当な線。

Pany(左嘉欣)はSNH48運営企画のネット生放送番組『人狼』の司会を北京BEJ48チームEふーこちゃん(馮思佳)といっしょに担当したおかげで、上海でも一気に知名度をあげた。

唯一、メンバーが一人しか呼ばれていない姉妹グループが瀋陽SHY48。そもそも重慶CKG48はSNH48とGNZ48から兼任メンバーが送り込まれており、瀋陽SHY48の扱いのビミョーさが分かる。

ついでに言うと、すでに退団した上海SNH48八期生の孫艷萍が参加している。録画なので仕方ない。

…という具合にSNH48ファンでないと面白くないけれど、ファンならツボにはまる番組。

シェアする