広州GNZ48姉妹グループ最速で五期生お披露目(上海SNH48十期生相当)

広州GNZ48運営会社は本当に仕事が速いし、業務品質も素晴らしい。エンタメが何かをよく分かっている。

上海SNH48運営会社はグループ全体の運営をしなきゃいけないので自分のSNH48グループ対応が後手に回るのは仕方ないとして、姉妹グループではやはり広州GNZ48が飛び抜けている。

昨日2018/04/29(日)広州GNZ48デビュー二周年公演は、チームが交換で他のチームの16人曲を踊ったり、去年2017年第四回総選挙の広州TOP7が順番にパフォーマンス、2017年劇場MVPチームG、NIII、Zのハナちゃん(謝蕾蕾)、ミッフィー(劉力菲)、ルイツ(龍亦瑞)のパフォーマンスも見ごたえがあった。

広州GNZ48の特別公演は中国語が分からなくても、ネタさえ知っていれば笑えるツボがたくさんあるので、聴き取りができない筆者としては毎回涙出るほど笑える。

そして重大発表の内容だが、この記事ではGNZ48五期生が研究生としてお披露目された件だけを取り上げ、その他は別記事で。

↓紹介部分の動画はこちら。

新人のお披露目は広州GNZ48が常に最速で、お披露目パフォーマンスも常にいちばん元気満々。

GNZ48五期生は上海SNH48十期生、北京BEJ48五期生、瀋陽SHY48五期生、重慶CKG48三期生と同時募集。

↓『GIVE ME FIVE!』

↓『RESET』

この『RESET』もネタで、中国語タイトルが『勇気重生』。現地SNH48グループファンの間で「重生」は新人に推し変(ファンになるメンバーを変えること)の意味。「勇気を出して推し変してね」という意味になる。

↓GNZ48五期生はこちらの6人で、18歳2名、15歳1名、14歳3名。

この図の順に公式写真は以下のとおり。

名前のツッコミどころが2か所。梁嬌(姉)、梁喬(妹)は今年15歳になる双子だが、「嬌 jiao」「喬 qiao」と冗談みたいにまぎらわしい名前。

何と言っても最大のネタは「謝菲菲」。第四回総選挙でGNZ48チームGトップのハナちゃん(謝蕾蕾)、チームNIIIトップのミッフィー(劉力菲)を合体した名前で、発表されると観客が爆笑。

ポイントは、この五期生お披露目で、アルファベット順でいくと謝菲菲章澤婷の順番だが、運営会社がわざと「名前オチ」にするために、謝菲菲を最後に紹介するという細かい芸を見せているところ。

郭銥寧、18歳。たぶん隠し球をもっている。

梁嬌、14歳。双子で四川省成都生まれというだけで十分なスタート。

梁喬、14歳。双子の妹。

門秀天、14歳。カンペキな二次元属性。

章澤婷、15歳。たぶん日本語担当。

謝菲菲、18歳。名前オチ以上のパフォーマンスを見せられるか注目。

五期生お披露目だけでもエンタメになっている広州GNZ48でした。

シェアする