北京BEJ48チームBのDDD(段藝璇)、ゆーわん(青鈺雯)が元メンバーの自殺未遂をツイート

北京BEJ48チームBのDDD(段藝璇)、ゆーわん(青鈺雯)の2人が公式アカウントでツイートしたので、退団メンバーの事件だが取り上げることにする。

元上海SNH48五期生で北京BEJ48チームBに移籍した元メンバーの張菡筱が、2018/03/22夜にオーバードーズで緊急搬送された。ゆーわんがご両親に直接連絡をとって、一命をとりとめたことを確認し、ツイートしていた。

DDDも同じチームBの孫曉艷熊素君にご両親と連絡をとってもらって無事を確認したとツイートしている。DDD自身は連絡する勇気がなかったようだ。同じSNH48五期生だからかもしれない。

張菡筱は自殺未遂の前、中国ツイッター(新浪微博)の定時ツイートで下記のように書いていた。

これは定時にツイートされるので、たぶんみんながこのツイートを読んでいるころ私はもうこの世界にいないでしょう。私は完全に解脱しました。

よく考えてみたら私が残せるのも、みんなに答えて書き上げたこの曲だけ。いい歌ではない。私は誰も私のどんな物も好きにならないだろうとずっと思ってる。私は心の底から、こういうダメな曲は誰も聴かないのが正解だと信じてる。

一人で部屋に逃げ込んで録音し終えて、8年間ずっと私といっしょにいたマイクを使って、でも心はあの時とは違う。

本当にごめんなさい。私はみんなが見ているような、みんなの目に映っているような人じゃない。私はもう生ける屍のよう。

毎日辛くて夜更かしして、以前の私ならまだ楽しいフリができたけれど、今の私はもう他人と話をしたり、交流することもできない。私は他人を傷つけ、自分を傷つけることしかできない。そして自分に閉じこもって、二度と仕事にも行けないし、学校にも行けない。

私は私の自信、私がかつて表現するのが好きだったもの、私の全てを失った。私は以前自分がどんな人だったかも忘れた。今の私は全く人間じゃなくなっている。

今は何を書いても混乱するだけで、毎回自分で処方してもらいに行く薬を貯めておいて、全部飲みたいと思うよ。飲み込めば私は解脱できる。

夜もよく眠れずに、もう薬を飲まないと眠れなくなって、毎晩ひとり布団の中に隠れて涙を流して、心はまるで締め付けられたようで、何度も寝返りを打って、心臓の音がはっきり聞こえて、そういう感覚に焦って、まるで呼吸さえ困難になったようで、私はどれくらいの間自分に閉じこもっていたかも忘れた。

こういう私はもうお金を稼ぐこともできないし、もう優秀な人になれない。私はまだ解約金(訳注:上海SNH48運営会社から請求されている違約金)を返していないし、もう以前のように正常に物事をすることもできない。

自分の気持を漏らすこともできない。だってこんな真実の私を誰が好きになってくれる?みんなはただ美しい面だけを好きになるだけでしょ。たとえそれが見せかけのものであっても。

私は身の上の重い負担でおしひしがれて息もできないほど。以前は誰かに助けを求めて、家族に助けを求めて、友だちに助けを求めた。最後には結局孤独だけが残った。

私も楽しみで新鮮なことをしてみようと思ったよ。楽しい気持ちになれないだろうかって。でもダメだった。試してみたけど、なぜか私はどんどんダメになっていったよ。

みんな私は病気じゃない、「ほら、あなた笑ってるじゃない?」「あなた元気そうだよ」と言う。でも生きている時間はますます苦痛になり、ますます私は人間じゃないみたいになった。

以前はたまにだったけれど、今は毎晩眠れない。今はもう毎時、毎分、毎秒ごとにすべてを終わらせたいいと思わない時はない。私は本当に疲れた。頭の中に残っている記憶は辛いことで、すべて私の過ち。私の存在には何の価値もない。私は人間に値しない。

このツイートに添付されていた、彼女の作詞・作曲・歌の楽曲はこちら。

2018/03/09 13:02には次のようなツイートをしている

ごめんなさい。しばらく現れなくて。病気がどんどん重くなって、何もできなくなった。薬を飲んだ翌日も昨日起こったことをほとんど忘れてしまう。精神がどんどん混乱して、みんなに約束した歌を延び延びにしたまま、書き上げることができない。ごめんなさい。こんなふうになってしまって。

彼女のご両親が無事を伝えるためにツイートした写真はこちら。

彼女は1996/06/26四川省出身で今年22歳。退団したのは2016/8なので退団から約1年半。

筆者は同じ病気ながら何とか仕事もして生活しているが、彼女は今の状況が変わらなければまた自殺未遂をすると思うので、とりあえず上海SNH48運営会社は彼女への違約金請求をやめてほしい。

(アイキャッチ画像は彼女の2017/12の写真)

シェアする