上海SNH48映像制作子会社Studioのネット映画『倔強甜心』公開間近、『仙遊記』クランクイン

上海SNH48の映像制作子会社Studio48関連のニュースを2つ。

一つは新作ネット映画『仙遊記』が2018/02/27にクランクインした。こちらは中国の三大ネット企業の一つテンセント(騰訊)の映像制作子会社「上海企鵝影視(上海テンセント・ペンギン・フィルムカルチャーコミュニケーション)」との共同制作。

撮影場所は例によって中国の映画村的な「横店」。

「开机(開機)大吉」とあるが「開機」がクランクイン。逆にクランクアップは「杀青(殺青)」。

ロングコートなので衣装が見えない。左から上海SNH48五期生チャーイー(於佳怡)、五期生ニモ(費沁源)、二期生ナナちゃん(萬麗娜)、上海SNH48五期生で広州GNZ48チームGへの移籍組・CK(陳珂)、瀋陽SHY48一期生モンモン(王詩蒙)、瀋陽SHY48二期生ジェリー(菅瑞靜

↓ナナちゃん

↓ニモ

↓チャーイー

↓CK

↓モンモン

↓ジェリー

明らかに時代劇(古装劇)だが、どんなネット映画になるんだろうか。

次はすでにクランクアップしていた『倔強甜心』というボクシングがテーマのネット映画が間もなく2018/03/06(火)公開とのこと。

出演は上海SNH48一期生momo(莫寒)、SNH48三期生グーグー(郝婉晴)、SNH48三期生で重慶CKG48チームK兼任のモンスター(劉炅然)。

CKG48兼任のモンスターが出演しているということで、2018/03/09(金)のCKG48チームK公演はこの映画をテーマにした特別公演「拳力以赴」が行われるらしい。「拳力以赴」は「全力以赴」と同じ発音のダジャレ。全力で行くぞ!というのと拳の力で行くぞ!という意味。

何となくmomoのセクシーさも強調されているポスターイメージ。

↓人物相関図はこんな感じ。momoは左の「楊芸」、モンスターは右の「趙小艾」、その下、モンスターの同級生「徐佳」役がグーグー。

↓momo

↓カフェでバイトしている?モンスター

↓左がモンスター、右がグーグー

↓momoとそのマネージャー役だろうか

↓モンスターとコーチ

↓モンスターと父親役

↓momoもモンスターも高校生(?)設定らしい。

↓たぶんmomoはタレントとボクサー兼業の設定?

↓momo。後ろに「拳力以赴」って書いてある。

↓momo

中国動画サイト最大手「愛奇藝」で公開される。

上海SNH48運営会社は、メンバーに劇場公演をいったんお休みさせてネットドラマやネット映画を撮影しているわけだが、こうした版権ビジネスがどらくらい会社の収益に貢献しているのか、ずっと以前から気になっている。

シェアする