SNH48卒業生キクちゃん(鞠婧禕)2018/03/04ようやく正式な卒業公演

上海SNH48を卒業してSNH48運営会社所属のままソロ活動を開始しているキクちゃん(鞠婧禕)が、「大組閣」前の旧チームNII最後の公演、2018/03/04で超久しぶりに劇場公演に戻ってくるようだ。

たぶんこれが最後の劇場公演出演ではないかと思われる。

SNH48運営会社の中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントのツイートはこちら。

なぜか文語で書かれているが、漢詩を勉強したことのある日本人には逆になんとなく分かる。

追忆往昔,恍若须臾。妙婧少女,蕙质如祎。剧场初现,笑颜澄碧。虫诗坚毅,夜风旖旎。逆流而上,光芒难隐。前所未有,跃绽丹曦。栉风沐雨,以启山林。傲骨轩辕,长安游嬉。扶摇九州,水击千里。翅膀翱展,惊艳芸汐。时差归一,终偿心意。三四之约,剧场待你

彼女の名前「鞠婧祎」の「婧」「祎」があって、「剧场初现」は『シアターの女神(劇場女神)』がデビュー公演で、「虫诗」は『虫のバラード』、「夜风」は『夜風の仕業』、「逆流而上」は『逆上がり』公演、「前所未有」は『前人未到』公演(AKB48の『目撃者』公演)、「长安」は彼女が出演したネットドラマ『熱血長安』、「九州」も彼女出演の『九州天空城』、「翅膀翱」は総選挙のテーマ曲名、「芸汐」も彼女出演の『芸汐伝』、「时差」は彼女の最新シングル『分裂時差』。

そして「三四之約」は「三四に会う約束」、つまり2018/03/04のチームNII公演で会いましょう、という意味。

なおこの日のチケット販売はすでに終わっているので、チケットが取れた人には超ビッグ・サプライズになる。

キクちゃんがセレモニー何もなく、劇場の公式写真もいつの間にか取り外されるという卒業の仕方に、現地ファンは強い不満を持っていた。やっと上海SNH48運営会社は反応したことになるが、いつも大事なことにかぎって後手にまわるので、広州GNZ48運営会社と比較されて批判されるわけだ。

キクちゃんはたぶんチームNII最新公演『以愛之名(愛の名において)』は踊れないので、ソロ曲で参加するのではないかと思う。彼女の最後の劇場出演に期待。

シェアする