上海SNH48が中国中央電視台愛国ソング『中国』MVで豪華メンバーと共演

中国の旧正月「春節」ということで上海SNH48が「愛国ポーズ」のお仕事。中国中央電視台CCTV制作の『中国』というオールスターキャストによる愛国ソングMVに出演。

SNH48が愛国アイドルというのは中国音痴のAKB48評論家の誤認。中国でエンタメを続けるのに「愛国ポーズ」が必要なだけ。

そもそもメンバーが公式アプリ「Pocket48」生放送のBGMに、ONE OK ROCK、back number、ClariS、『恋愛サーキュレーション』『太陽曰く燃えよカオス』などを流す女性アイドルグループが、愛国アイドルなわけがない。

ここに例示したアーティストや楽曲を知らないオッサンは「SNH48は愛国アイドル」とか言う資格なし。

さて、この『中国』という曲は去年2017年に郭峰(グオ・フォン)という1962年生まれの男性シンガーソングライターがリリースした曲。1988年日本に滞在し、日本コロムビアからアルバムを出しているらしい。

このMVに登場するアーティストで筆者が知っている人だけをピックアップしてみる。このメンバーと並んで同じMVに出演しただけで、とりあえずすごい。

范冰冰(ファン・ビンビン)

ジョイ・ヨン(容祖兒)

カレン・モク(莫文蔚)

關曉彤(グァン・シャオトン)

吉克雋逸(ジーク・チュンイー)

張碧晨(チャン・ビーチェン)韓国女性グループSunny Days元メンバー。

MVの最後にSNH48が登場。

正確に言うと、一人だけ北京BEJ48チームJからルールー(黃恩茹)が参加している。

左から上海SNH48五期生ニモ(費沁源)二期生カチューシャ(李藝彤)二期生シャオスー(林思意)三期生ニーズ(謝妮)、北京BEJ48一期生チームJルールー(黃恩茹)、上海SNH48二期生Akira(趙粵)。

とにかくこういうお仕事は大事。