広州GNZ48チームZ新公演『三角関数』、14分間の予告短編映画公開

上海SNH48の一部の現地ファンの冗談で、「広州GNZ48は一年に3度だけ負ける。ファッション大賞、リクエストアワー、総選挙」というのがある。要するにファン投票イベントでは上海SNH48、北京BEJ48に負けるが、ふだんの運営では一人勝ちという意味。

広州GNZ48チームZとして初の全曲オリジナル公演『三角関数』が2018/01/12に初日を迎えるが、その予告短編映画が公開された。

14分間にわたる予告編で、途中が『三角関数』公演の1曲目『SINgle』MVになっている。ストーリーは過去の広州GNZ48全曲オリジナル公演『第一人称』『双面偶像』とつながっているように読める。

単独で短編映画として観られる、ここまで完璧な予告編を作られると、もう何も言えない。広州GN48はSNH48グループ子会社の上海Studio48、北京Studio48に頼らなくても、自前で映画が撮れそう。

どうしてここまで上海や北京の運営会社と「ファンを楽しませる」という点で、ここまで差がつくのか分からない。ただただすごい。

今日はこのニュースだけで十分という気がする。

シェアする