結成時エイベックス留学した中国アイドルグループ「ATF」活動停止か

広州「1931」に続いて、また一つ中国の48系女性アイドルグループが事実上の営業停止となるようだ。

「心動偶像補完計画」というプロジェクト名で始まった上海の「ATF」というグループ。「補完計画」という名前からして日本のサブカル好きが起業した運営会社と分かる。

運営会社名はX.D.エンタテインメント(心動娯楽有限公司)で下図が公式サイト。

最初のメンバー募集は2015/04/16~06/16。当初は中国インターネット最大手テンセント(騰訊)の音楽ポータル、音楽動画サイト最大手「音悅Tai」などと提携してメンバー募集を行っていた。

合格したメンバーは東京留学して、エイベックスのスクールで初期レッスンを受けていた。

その後の経緯はいちいち振り返る時間がないので省略、運営会社が昨日、下図のツイートをした。

要約すると、次の握手会の日程が決められない状態なので、消費者利益を保護するため、2017/04/01以降に公式オンラインショップでファンの皆さんが支払ったお金を、無条件で全額返金します、という内容。

手元の商品はそのまま持っていてよく、返品は不要。オフラインのイベントや代理購入した商品は購入記録が残らないので、返金不可能な点をご容赦下さい、とのこと。

返金は2017/12/31~2018/01/31の期間に完了させるとある。

つまり2018/01/31をもってATFは事実上活動停止になると読める。

ここから分かることは、立ち上げ当初はテンセント音楽や「音悦Tai」など、中国国内の大手ネットメディアと提携していても、その後の事業拡大とマネタイズの仕組みづくりをスピード感をもってやらないと、3年弱で淘汰されてしまうということ。

AKB48運営会社は当然それを分かった上で、中国再進出するのだと信じている。

シェアする