AKB48運営が「蜜蜂少女隊」を改名して中国姉妹グループにするというネタ

大ウソだけれど、ネタとして面白かったのでご紹介。AKB48運営会社が中国再進出で結成するグループは、いま活動中の「蜜蜂少女隊 Lady Bees」を改名するだけというネタ。

「蜜蜂少女隊」は去年2016年放送の浙江衛星テレビ『蜜蜂少女隊』というオーディション番組全12回から生まれた女性アイドルグループ。

Lady Bees公式サイトはこちら(ただし更新されていない)
YouTube公式チャンネル「蜜蜂少女隊」はこちら
中国ビリビリ動画の公式チャンネルはこちら
中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントはこちら

2016/03江蘇衛星テレビの『蜜蜂少女隊』という番組全12回でオーディション形式で選ばれたメンバーにより結成されたグループ。

初期メンバーは7名。張悠然(21歳)、許和琪(26歳)、張希雅(25歳)、劉雨昕(20歳)、關凱元(23歳)、孔雪兒(21歳)、羅姝涵(21歳)の7名。2016/06/16に4曲入りミニアルバム『Lady Bees』、2017/03/30に8曲入りアルバム『GPS 密封令』をリリース。

デビュー当初韓国資本がついていたため、最近まで完全にK-POPスタイルだったが、今は日本のアイドルグループのスタイルへ転換したらしい。

中国Wiki「百度百科」によれば、デビュー後、上海1隊、北京1隊、成都1隊の3チームに編成されたようだ。

上海1隊の正規メンバーは上の7人のうち、張悠然(21歳)、許和琪(26歳)。レッスン生が15名。
北京1隊の正規メンバーは上の7人のうち、張希雅(25歳)、劉雨昕(20歳)、關凱元(23歳)、孔雪兒(21歳)。レッスン生が10名。
成都1隊の正規メンバーは上の7人のうち羅姝涵(21歳)。レッスン生が14名。

その後さらに上海、北京、成都でチーム編成が変わり、上の公式サイトに残っているとおり、上海1隊21名、上海2隊15名、上海3隊15名、北京1隊20名、成都1隊15名、成都2隊18名になった。

さらにその後、中国ツイッター公式アカウントによれば、2017/11/30大幅なチーム改編があり、上海のメンバーが「風 WIND」「林 FOREST」「火 FIRE」「光 LIGHT」「星 STAR」の5チーム編成になり、上海の劇場の他、成都の劇場に巡回公演を行う型式になったらしい。

以下が各チームの現在のメンバー写真。明らかに「大人のお姉さん」路線なので、AKB48運営がこのグループを改名して活動するというのは、間違いなく、蜜蜂少女隊スタッフが知名度向上を狙って作った単なるネタだろう。

シェアする