北京BEJ48ヤオヤオ(胡麗芝)生誕祭の鬼気迫るダンスパフォーマンス

北京BEJ48チームBのヤオヤオ(胡麗芝)が2017/12/10の誕生日記念公演(いわゆる生誕祭)で見せた特別パフォーマンスが、姉妹グループ含め、他のメンバーではあまり観たことがない雰囲気だったので、特にご紹介。

メインのヤオヤオと、きのこ(閆明筠)のダンスのキレがすばらしいのはもちろん、選曲が非常に独特。後半のダンスで左端はパオツ(胡曉慧)。

ほとんどのメンバーの生誕祭特別パフォーマンスは、AKB48楽曲、SNH48グループのオリジナル楽曲、ボカロ曲など、二次元の可愛い系、K-POP、欧米のヒット曲、学校で自分が専攻している民族舞踊などだが、このヤオヤオの重くて暗い選曲と、モダンダンスのコレオグラフィーは出色。

こういうすごいメンバーが無名のまま、何気に埋もれていたりするのが、SNH48グループのすごいところで、こういうメンバーを掘り出して育成すれば、これはこれでSNH48のやや偏ったファン層以外にもアピールできると思う。

たとえば歌唱力のとびぬけたメンバーだけを、姉妹グループ含めて集め、アカペラコーラスグループでも作るとか、そのグループ自体が収益にならなくても、SNH48グループ全体の宣伝に使えそうな気はするが…。

しかし現実は、すべて総選挙の結果しだいなので仕方ない。

シェアする