北京BEJ48チームB全曲オリジナル新公演『B A FIGHTER』PVと曲目公開

北京BEJ48チームBとして初の全曲オリジナル公演『B A FIGHTER』予告PVが公開された。同時に同公演のセットリストも公開。初日は2017/12/29(金)。

BEJ48公式サイトの全曲オリジナル新公演『B A FIGHTER』特集ページはこちら

冒頭の戦争シーン(隕石落下かも)はきっと何かの映画かドラマの引用だと思うので、どなたか探し当ててみて下さい(笑)。

中国ツイッター(新浪微博)でBEJ48公式アカウントがこのPVの絵コンテを3回(?)に分けて公開したわりに、ほとんどその絵コンテ分しかないフツーの予告編。

左胸を撃たれた、いーしゃん(段藝璇)が、衝撃で後ろへ倒れないことや、その後、メンバー2人(ちーまー(張夢慧)とMIMI(陳美君)?)が地面にぐったり倒れているポーズが同じなのもやや不自然。

衣装は素晴らしい。さすがメンバーが何度もダメ出ししただけあって、一人ひとりパターンが違う。

少し「政治的」文脈で気になるのは、いーしゃんが背負っていたり、後半で、ゆーわん(青鈺雯)とミルク(劉姝賢)が対峙して、お互い首元に突き出し合う「日本刀」。

日本刀はかなりギリギリだと思うのだが…。

まあでも肝心なのは公演自体なので。

曲目は以下のとおり。このうち、SNH48グループにとっての秋元康的な作詞家・甘世佳さんの作詞は『笨(バカ)』という曲。

01. Be a Fighter
02. 先鋒号角
03. 速
04. 飛行国度

05. 一天天一点点
06. 紳士風度
07. SHOW
08. 子弾日記
09. SPY

10. 星夢奇遇記
11. 笨
12. If You

13. 華夏-紫禁城

14. 虹色警戒
15. 前行吧!彼異界号
16. 愛与前方

ちなみに「Be a Fighter」の「Be」がチームBにかかっているのは以前書いたとおり。

「笨」は中国語の発音記号ピンインで書くと「ben」で、チームBが自虐的なニックネームとして、よく「笨隊(おバカなチーム)」と言うことから。

紫禁城は北京のチームだからとして、「彼異界」はBEJ48自主制作バラエティーのタイトルにもなっているとおり、中国語で発音すると「Bi Yi Jie ビー・イー・ジエ」で「BEJ」になる。無理やり意味をとると「あちら側の異世界」。

戦争に関連する語彙は「先鋒(前線)」「号角(ラッパ)」「子弹(銃弾)」など。

さて、どういう公演になっているか。

シェアする