上海SNH48チームSII第三回リクアワMV『私の舞台』ようやく公開

上海SNH48チームSIIの全曲オリジナル公演『心的旅程(心の旅程)』より、『我的舞台(私の舞台)』MVストーリー版が公開された。

これは第三回リクエストアワーでトップになったチーム曲のMVが、現地ファンから長期にわたり「いつになったら制作するのか」というクレームが付き、今ごろになって完成したもの。

長くファンを待たせただけあって、11分以上できっちり短編映画として制作された良心的な作品。

十年後のチームSIIメンバーが十年前再会して『私の舞台』を再び歌うという脚本。作詞はSNH48グループの秋元康こと甘世佳。SNH48グループのオリジナル曲の中でも評価が非常に高い名曲。

脚本でmomo(莫寒)だけが「普通の人」、つまり実質的に無職の役柄だが中心的な役割。アイドル時代に「アンチ」からディスられていたことがトラウマになり、過去を拒絶して引きこもっている。

気になったのはポスト・プロダクション。発色を良くしすぎでやや不自然な絵になっているが、K-POPのMVでよく見る派手な色調整。

同じく過去を振り返る脚本のMVは、4年半前、2013/06/05公開、SNH48チームSII一期生メンバー出演の『桜の木になろう』MVがある。筆者が当時、日本語字幕を付けたもの。

筆者個人的にこちらのMVは別の意味で泣ける。全体に緑色よりの色調整でJ-POPのMV風のポスト・プロダクション。

技術的には今回の『私の舞台』の方がはるかに良いが、脚本は現在と過去のフラッシュバックだけなのでリアリティーがある。十年後の中年女性が制服衣装を着て集団で歌うはずがないので(笑)。

シェアする