上海SNH48第四回リクアワでメンバーが拒否のデュエット曲に大量投票

ネタとして面白いので、とりあえずまとめておく。上海SNH48二期生チームNIIカチューシャ(李藝彤)とテテちゃん(黃婷婷)の件。

2018/02/03開催のSNH48グループ第四回リクエストアワーは2017/12/20現地時間15:00投票締切りに向けて現地ファンが資金集めを進めている。現地では応援会が資金集めと投票作業を組織化し、分担して効率的に行っている。

現地ファンにとってメンバーを二人一組で「百合カップル」(以下CPと略)で応援するのが人気で、リクエストアワーのようなイベントでは劇場公演のデュエット曲は、応援会どうしが協力して特定のCPに投票し、高い順位を狙う。

いまSNH48グループ全体で応援会の集票力が圧倒的なのはチームNII二期生メンバー。例年の総選挙の結果で上位をほぼチームNII二期生が占めており、中でもキクちゃん(鞠婧禕)が圧倒的なTOPなのはご承知の通り。

今回チームNII二期生のCP応援会は、ルーリー(曾艷芬)テテちゃん(黃婷婷)のCPで、上海SNH48チームX全曲オリジナル公演『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』公演のデュエット曲『人魚』を狙っていた。

しかしこのブログに書いたように、ルーリーが自ら退団宣言し、その後も北京の幼稚園の児童虐待事件に座り込みの抗議をしに行って、北京公安に事情聴取を受けるなど、SNH48メンバーとして今後の活動が無理になったため、ルーリー・テテちゃんCP応援会は2017/12/02深夜にリクエストアワーを断念すると発表。

翌日2017/12/03にリクエストアワーの中間発表があり、チームNII二期生のCPは第29位の愛ちゃん(易嘉愛)テテちゃん(黃婷婷)の『Mad World』(SNH48チームSII全曲オリジナル公演『第48区』のデュエット曲)が最高位という「異常事態」に。

チームNII二期生メンバーが中間発表とはいえ、ヒドい結果になったことで、2017/12/04、とあるチームNIIファンが危機感をおぼえ(?)、同じ曲『人魚』で、カチューシャ・テテちゃんCPに変えて投票するよう中国2ちゃんねる(百度貼吧)で提案。

なおこのCPは第二回リクエストアワーで『おしべとめしべと夜の蝶々』がユニット曲の1位、第三回リクエストアワーでも『てもでもの涙』が第2位とトップクラスの成績を残している。

ただ、このCPはもともと本人たちが乗り気でないことは周知の事実で、同CP応援会は本人たちの意思を尊重し、2017/07/30に解散している。

しかし再度このCPに火をつけようという提案に、中国2ちゃんねるの現地ファンが野次馬根性で盛り上がり、1万票分(約30万人民元)目標に中国のネットショップ最大手「タオバオ」の疑似商品で資金集めを始めたところ、2017/12/05 18:00までに2万人民元(約34万円)集まったが、目標には遠くおよばない。

そこへ、1万票分集金できたら、個人的に5000票上乗せすると言うファンが出てきて、かつ、タオバオでは匿名購入なので面白くないと、現地ファンがいつも総選挙のとき使っているクラウドファンディングアプリ「微打賞」で資金集めを改めて開始。

このアプリを使えば、ユーザIDと入金額が公開され、目標金額未達の場合は返金されるため、低リスクで安心して入金できる。逆に言えば、冗談で始まったことが本気になり始めたということ。

目標金額は、第一回が2万元、第二回が3万元、第三回が5万元。この集金開始が2017/12/06夜。

そしてカチューシャが本人の意に沿わない『人魚』への資金集めが始まったことに腹を立て、2017/12/07夜の公式アプリ「Pocket48」生放送で怒りを爆発させた。これが「名言」となって残る。

「この曲『人魚』に投票する人は全員花火みたいに爆発してほしい。それに私たちの会社の収益を増やしてくれてありがとう。他の人のファンのことまで構ってられない。でも私のファンはどうかこの曲に投票しないで。私たちチームNIIの曲『光之軌跡』に投票してください」

このカチューシャのひとこと「花火みたいに爆発してほしい」という「挑発」が、中国2ちゃんねるの現地ファンの本気に火をつけてしまう。

同じく2017/12/07 19時ごろ、二期生チームSIIチュンチュン(袁雨楨)の生放送に顔を出したカチューシャが、火に油を注ぐ。

チュンチュンが冗談で「カチューシャ・テテちゃんCPの『人魚』に100票入れる!」と言うと、カチューシャが「あんたはすぐに自殺!もうこの世にいないからね」と冗談で返して2人が大爆笑。

そして現地ファンがコメントで「僕も投票する」と書き込んだところ、カチューシャが「このファンの方もすでにお亡くなりになりました」などなど、『人魚』の資金集めを嘲笑した。

同2017/12/07 10:30頃、カチューシャとテテちゃんがお互いの中国ツイッター(新浪微博)をアンフォローする。

同時に2017/12/07中国スマホメーカー「シャオミー」新製品発表会に同席していた一期生レンレン(吳哲晗)が同イベントの楽屋で生放送を始めた直後、タイミング悪く、近くでカチューシャが「黃婷婷をアンフォローした」としゃべっている声が入ってしまう。

これらによってカチューシャ・テテちゃんCP(現地では「卡黃CP」)『人魚』の資金集めが一気に加速する。

第一回目標の2万元は26時間で目標金額達成。第二回目目標金額3万元の集金開始。SNH48第四回リクアワの各応援会集金プロジェクトのうち、入金ユーザ数最多を記録する。

中国ツイッター(新浪微博)全体のリアルタイム・タグツイート数ランキングで「黃婷婷 李藝彤」タグが、瞬間だが第17位まで上昇。

そして2017/12/09 11:00に第二回の目標金額3万元も達成。合計5万元(約85万円)集金完了。入金ユーザは1,649人に達する。同11:20、第三回目標金額5万元の集金開始。

メンバー2人本人が絶対に歌いたくない歌に、現地ファンの一部が資金力に物を言わせてどんどん入金する事態になっている。

カチューシャは公式アプリの「メンバーの部屋」で「今後はこういうことに参加しないことにする。外で何と言われようと私は構わない」と書き込むにいたっている。読み方によっては、総選挙やリクアワなどの投票イベントへの参加拒否ともとれる。

ここまでが現時点の状況。

実際にはテテちゃん・カチューシャCP『人魚』で集金された金額が、本当にこの曲への投票に使われるか、最後まで分からない。またテテちゃんはこの件について一言も反応していない。

こういう事態の背景には、リクアワはメンバー自身の意思をどこまで反映すべきかという問題がある。

基本は、応援会がメンバー本人の意思を確認してから集金を開始するのだが、チームNIIトップメンバーは応援会の資金力が強すぎ、また、個々のメンバーの応援会と、CP応援会の意見が食い違うことがあるため、事情が複雑になる。

シェアする