広州GNZ48、制服衣装の予約販売結果は95着と上々

広州GNZ48運営会社が、メンバーの制服衣装のレプリカを販売するという、SNH48グループ全体で初の試み

広州GNZ48衣装部の評価が高いからこそできた企画だが、結果は上々だったらしい。

GNZ48が今年2017年年初に発売した全曲オリジナルEP『BOOM!BOOM!BOOM!』の衣装。

予約期間中の購入予約人数が多ければ多いほど、予約者だけディスカウントがあるという販売方式。

下図のように予約者は95名で、定価1,980元(約3万4000円)から1,180元(約2万円)まで下がった。あと5名予約していればさらに100元割引になった。

サイズ的には明らかに女性しか着られないので、現地ファンが期待していた「女裝大佬(女装ヲタ)」は残念ながら出現しそうにない(笑)。

下記ツイートのコメント覧には以下のような意見がある。

「購入者には、生写真とか少し特典をつけてくれるとうれしい」

「靴の品質はとても重要なので、次は靴なしのコーディネートで販売してほしい」(靴は自分で買いたいという意味)

「XXXLサイズを出してほしい。男性の体格は大きいので」(本気で着るつもりか(笑))

「もう5歳若ければ買ったのに。今着るとちょっと気まずい」

「女性ファンがこれを着た写真をツイートするのを楽しみにしてる」

量産ではなく、たぶん外注が一点ずつ作ると思うので、利益はほとんど出ないだろう。広州GNZ48運営会社のとっても良心的な企画でした。第二弾ではぜひXXXLサイズを!

ご参考までに、以下、販売サイトにあった細部の写真。

↓Gloryシリーズの刺繍が左胸にある。

↓腰のポケットに裏地が使われている。

↓ホックの穴が3か所あって、ある程度ウエストの調整ができる。

↓チェックの裏地。ポケット部分だけ裏地を折り返して縫ってある。ウラに回した表地がこういうパターンでちゃんと裁断されていて、かつ、表地と裏地の縫い目が表面に出ていない。

↓リボンにある王冠の装飾がポイント。

↓よく見るとジャケットの飾りポケットにもチェックの裏地が使われている。

↓これがすごい。ボタンにGNZ48の刻印があり、ボタンの縫い付け糸がクロスになっている。

↓ハナちゃん(謝蕾蕾)パターン。襟がセーラーで、ブラウスの襟に装飾があるので、これは年齢を選ぶ(笑)。

↓襟の装飾といい、左側だけにあるプリーツといい、さすがGNZ48衣装部。

シェアする