上海SNH48劇場が声明、どのメンバーとハイタッチするかは観客の権利

上海SNH48二期生ななし(馮薪朵)がハイタッチ跳ばしを予告したファンを、じっさいに跳ばしたときその場で手首をつかんだ件。

最終的にSNH48星夢劇院の公式アカウントが、任意のメンバーのハイタッチを跳ばすのは顧客の自由です、という当たり前の声明を出した。

#ハイタッチについて# 公演終了後にハイタッチに参加するかどうかと、どのメンバーとハイタッチするかはみなさんの権利です。私たちはみなさんの選択を尊重します。ただし、みなさんお互いを尊重する姿勢をもって会場を離れて下さい。現場で奇妙な挙動をしたり、ネット上で不当な言行や悪意を持ってメンバーを攻撃することに対して、運営方は相応の処置をします。&それから、みなさんハイタッチのときに尖りすぎたブレスレッドや、指輪などをつけてメンバーにケガをさせないようにお願いします。ご協力ありがとうございます。(2017/11/22 12:49)

これで一部の現地ファンが折れたかといえば、全く違う。コメントを読むと分かる。

メンバーにも舞台を尊重してほしい。何人かのダンスは何なんだ(いいね 343個)

”現場で奇妙な挙動をしたり”って、ファンを引き止めて立ち去らせずツーショットを撮るのは奇妙な挙動になるんですかね?(いいね 195個)

コメントそのものは190件しかないのに、1つめのコメントは「いいね」が343回、2つめのコメントは195回。とくに2つめのコメントはななしの今回の行動を露骨に非難している。今回の問題がななしファンと「反」ななしファンの亀裂を深めたことは間違いない。

総選挙で上位に入ったメンバーが「いい気になりやがって!」とたたかれるのは、いつものことだけれど、まだ尾を引きそうだ。

シェアする