AKB48中国再進出は「SUPER AKB」?上海はAKBSHか?

日本のAKB48運営会社AKSが中国進出の登録商標を進めている。「SUPER AKB」らしい。

中国語ができる方はこちらから実際に調べられる

ただしこれらが本当にAKSと関係あるのか、筆者は何ら責任を負わない。ネタとしてお読み下さい。

↓本部が「SUPER AKB」?上海尚越文化発展有限公司が中国側の事務所。

↓上海は「AKBSH」。「~48」はSNH48運営会社が商標登録済みなのであきらめたらしい。

↓成都は「AKBCD」。ピンイン表記Cheng Duから。上海SNH48はまだ成都に姉妹グループはない。

↓広州は「AKBGZ」。ピンイン表記Guang Zhouから。

↓北京は「AKBBJ」。ピンイン表記Bei Jingから。

↓「AKBPRC」って何だろう?People’s Republic of China(中華人民共和国)との説も。

商標を申請している上海尚越文化発展有限公司は、2016/12からすでに求人広告を出している。

企業規模は20~99人、エンタメ、スポーツ、レジャー産業。

会社紹介には「世界で規模最大の女性グループ日本のAKB48の中国地区の全ての版権およびマネジメント業務の主要な代理であり、AKB48およびオフィシャルの関連姉妹グループの中国におけるオンライン、オフラインプロモーション、CD制作出版発行、巡回公演、ネット生放送、音楽・動画版権、映像作品出演、広告イメージキャラクター、新アイドルグループの選抜育成およびグッズの開発販売等の業務、および国内の多数の大型総合メディアグループと深い業務提携を行う。同時に日本のAKSの本部の大きな支援を得、AKSの資源に頼り、AKB48中国姉妹グループをPRし、全力で中国最大のアイドルグループ・プラットフォームを作る」とある。

成立日時は2016/12/01、資本金は1000万人民元。
事務所の場所は上海市楊浦区延吉中路77号204-A2室

仮に本当だとしたら、SNH48の前轍を踏まぬよう頑張ってください。

シェアする