上海SNH48第三回ファッション大賞:胡兵が運営に加盟、子役育成事業開始

上海SNH48第三回ファッション大賞が2017/11/18(土)開催されたが、票集計に疑義があり、順位はご紹介する意味がないので、その場で発表された事業戦略などについて。

以下の内容のSNH48公式サイトのニュースページはこちら

有名男性タレント胡兵のSNH48運営会社への加盟

まず有名男性タレント胡兵(フー・ビン)のSNH48運営会社への加盟。彼の中国ツイッター(新浪微博)フォロワー数は1億2220万ユーザ。

すでに胡兵はSNH48運営会社の映像制作子会社Studio48制作のネットドラマ『芸汐伝』でSNH48グループメンバーと共演している。

↓中央が胡兵。左は広州GNZ48ハナちゃん(謝蕾蕾)、右が一期生キキ(許佳琪

↓胡兵の登場シーン。電気グルーヴのピエール瀧ではない。

胡兵と運営会社の共同企画の内容はこちら。

要約すると…
(1)胡兵はSNH48運営会社に正式に加盟
(2)胡兵と共同で映像制作子会社Studio48と、音楽、バラエティー、ドラマ、映画等の制作
(3)胡兵と共同で中国全国に子役育成機関を展開、子役スター・モデルを育成

この中で全く新しい事業は子役育成学校を全国展開する点。

育成系アイドルグループの全国展開、コンテンツ制作による版権ビジネス、男性アイドルグループ「N2M」(いつデビューするのか不明)、文化地産(不動産投資)、オリジナルゲーム開発(アイテム課金)など、SNH48運営会社は急速な事業の多角化を進めている。

理由は、投資リスクの分散と、株主である投資家への還元だろう。

以前から書いているが、SNH48運営会社はAKSのようなタレントマネジメント会社と根本的に異なる。

AKSなら、広告代理店、ゲーム開発企業、コンテンツ制作会社など、他の企業と提携して進めるような事業を、SNH48運営会社は自社の資本とリスクで展開している。

Style 7に加えてFocus 16の誕生

こちらは重要性の低いニュース。今回上位7名の「Style 7」を含めた上位16人が「Focus 16」と命名され、新たに各種チャンスが与えられることになった。

↓こちらが「Style 7」とその7名を含む「Focus 16」

上海SNH48チームNIIメンバーが一人もいないのは、応援会がファッション大賞を捨てて、全資金を年明けの第四回リクエストアワーBEST50の投票に当てることを決めているため。

SNH48チームSIIメンバーが多いのは、それを分かっていて応援会が多少お金を使ったため。

チームSII、NIIのトップメンバーは応援会の資金力が強力すぎて、この種の投票イベントで上位を占めて当然なので、正直、何の面白味もない。このブログでは取り上げない。

面白いのは北京BEJ48チームEのKona(張笑盈)、瀋陽SHY48チームSIIIジェリー(菅瑞靜)、北京BEJ48チームJレイバオ(房蕾)など、上海SNH48本部のファンは名前さえ知らない姉妹グループメンバーが入っている点。

ファッション大賞はトップメンバーの応援会が全力を出さないので、こういうメンバーにチャンスがある。ファッション大賞に本当の意義があるとすれば、この点だけ。

だって、アイドルヲタが女性のファッションを理解できるはずがない。第2位の北京BEJ48チームE陳倩楠(チェン・チェンナン)を「ブス」と評価するヲタに、モードなど分かるはずがない。

↓「Style 7」「Focus 16」が手に入れるチャンスは下記。

要約すると以下のとおり。
(1)Style 7は単独で写真撮影や映像制作のチャンスがある。
(2)TOP1のダイモン(戴萌)はファッション誌『mina』の表紙になる。
(3)TOP3の3人は胡兵とともに国際ファッション週間関連イベントに参加できる。
(4)Focus 16の16名は雑誌撮影の優先的なチャンスを得る。
(5)Focus 16の16名は他のスターとオリジナル商品ネットショップ「星品星店」を開業できる。

日本の主婦の友社『mina』中国版発行会社は、すでにSNH48運営会社の100%子会社で、他のメンバーも何度も表紙に登場しており、あまり価値はない。

国際ファッション週間関連イベントは、第3位の陳倩楠のツイートによれば、イギリスに行くことらしい。

「星品星店」は、これまでは東芝などの企業の中国ネットモール最大手「T-mall(天猫)」店のイメージキャラクターとしてメンバーを使ってもらうだけだったが、今度はSNH48運営会社がそうした企業と共同でオンラインショップを開業するということだろう。

期間限定のイメージキャラクターより継続的な営業収入になるので、これも事業拡大の一環。

SNH48運営会社にとってのファッション大賞の意味をまとめると、だいたい以下のようになる。

アイドルヲタに女性ファッションなど分かるはずがないが、投票イベントにすれば、応援会がメンバーのメンツをつぶさないために、現金を使って投票してくれるので、総選挙には程遠いが、一定の営業収入になる。

中国国内のエンタメニュースに取り上げてもらえることが分かっているので、この場で新事業や、新企画(オリジナル・ミュージカルなど)を発表すれば、対外的なPRになる。

…といった感じ。

SNH48グループのファンの内部には、例えばチームSII内部でダイモン(戴萌)ファンとキキ(許佳琪)ファンの対立が激しくなるなど、負の影響はあるが、運営会社の観点からすると、メンバーのファン同士が対立し、競争してくれれば、それだけ投票イベントの営業収入が増えるので、むしろ大歓迎。

個人的に思うのだが、現地ファンはそこまで分かっていて、大金を使っているのか、それとも本気で他のメンバーに負けまいと身を削っているのか、よく分からない。