瀋陽SHY48 1stシングルかつ初のMV『前行的力量』公開

瀋陽SHY48としての1stシングル『前行的力量』MVが公開された。

心配していたよりもずっとクオリティが高かったので安心した。

出演メンバーは上海SNH48グループ第四回総選挙で、瀋陽SHY48の中で上位16名のメンバー。

ただ、やはり同じ職業映像監督でも、上海SNH48や広州GNZ48とは歴然と差がある点を検証してみる。

まずドラえもんのどこでもドアだが、せめてオリジナルのピンク色とは違う色にしてほしかった。これではパクリと言われても仕方ない。

あとは技術的な問題点。カラー調整は完璧だと思った。

↓これはどこでもドアに変化する鍵を見つけた瞬間のカット。背景に注意。

↓これはどこでもドアに向かってルールー(韓家樂)が走り出すカット。背景が変わっている。

こういう「カットがつながっていない」という間違いはよくあるが、このMVには多すぎる。

ところで上の画面の左から2人目、高志嫻の服装をよく覚えておいてほしい。

↓このカット。どこでもドアは別の世界へのドアなのに、ドアの枠の向こうに人物が見切れている。

↓このルイメイ(趙佳蕊)のカットは、ドアの枠の外が左端に写り込まないよう、慎重に撮影されている。

↓しかしこのモンモン(王詩蒙)のカットでは、後ろの張雲夢(退団済み)が手でドアの枠を握ってしまっている。

↓上と同じカットだが、董思佳がやはりドアの枠の外に見切れている。

他にも同種のミスはたくさんある。

いずれも「どこでもドア」という設定と矛盾する。プロはこういうミスをすべきでない。

↓これはルールー、徐斐然、ニーニー(鄭潔麗)が車に乗っているカット。

上のカットに写っている、オレンジ色のリボンはMVのストーリーと無関係なので、おそらく外し忘れ。

↓その車が故障で止まってしまったカット。

ここで問題は、自動車はどこから来たのか、運転手は誰なのか、の2点。

林の中を歩いていた少女が偶然、宙に浮かぶ鍵を見つけ、それに触れて現れたドアで別の空間(実際にはすべて内モンゴル自治区)に瞬間移動するというストーリーに、自動車が登場する理由はない。

ドアを出た後、この3人はどうやって自動車を見つけ、誰の運転で砂漠を走り、途中で故障して自力で歩き始めることになったのか、意味不明。これは脚本のミス。

↓これはnono(賴梓惜)本人が中国ツイッター(新浪微博)で笑い飛ばしていた件。

↓望遠鏡が逆さまになっている(笑)。

わざとなら「わざと逆さまにしました」ということを説明するカットが必要。たぶん監督のミス。

↓この高志嫻の服装を最初の服装と比べると、黒いジャケットが追加されている。

このジャケットはどこから来たのか?これもありがちなミスだが、衣装の連続性のミスは彼女だけ。

筆者が気づいた限りで、いわゆる「カットがつながっていない」ミスは以上。プロはこういう誰にでも見つけられるミスはすべきでない。

メイキングを見ていると、ドーリーは使っているがステディカムは使っていない。そのせいで手持ちカメラが揺れすぎているカットが多数あって気になる。

あとは衣装について個人的な感想。

↓これはメンバー自身も魔法少女やセーラームーンと、ネタにしていた衣装。

↓こちらは制服衣装だが、こちらの方が良い。上の衣装はいらなかったのでは?

思ったよりもはるかにクオリティは高かったけれど、やはり「スタッフの育成系」という感じのMVでした(汗)。

シェアする