広州GNZ48アモイで開催の『直感×アルゴリズム♪』コンサートに参加

広州GNZ48が、アモイ(廈門)で2017/11/18開催の「麟犀之夜」という二次元がテーマのコンサートに出演する。

このコンサートは上海SNH48グループが何度か同主催の音楽祭に出演したこともある、中国音楽配信サイト最大手「咪咕」主催、アモイ国際会展中心で2017/11/17~11/19に開催される「2017咪咕次元文化節」のイベントの一つ。

二次元作品のコンテンツ権利商談会(いわゆるIPビジネス)や、声優のファンミーティング、コスプレ大会などがあるようだ。

日本から参加する声優さんは、ゆきのさつきさん(『犬夜叉』ヒロインの日暮かごめ、『銀魂』志村妙など)、岩井映美里さん、鈴木みのりさん、そして、日本人より日本語がうまい中国人声優・劉セイラさん。中国からの参加は小五沉沉沉という声優さん。

で、なぜ岩井映美里さん、鈴木みのりさんの二人なのかというと、GNZ48が出演するコンサート「麟犀之夜」と関係がある。

全然知らなかったのだが、NTTドコモと中国移動(チャイナ・モバイル)が共同制作した『直感Xアルゴリズム♪(直播 麟&犀xAI韵律♪)』というアニメがあり、日本ではニコニコ生放送、中国では上記の「咪咕」の関連会社「咪咕アニメ」で同時放送されていたらしい。

放送期間は2017/08/17~10/05で全8話なので、つい最近。

このアニメの主役2人が、Kilin(麒麟)とXi(犀)で、それぞれ鈴木みのりさん、岩井映美里さんが声を担当、歌は上記の小五沉沉沉という声優さんが担当。ウサギのキャラのBunny Pの声を劉セイラさんが担当している。

同コンサートはこのアニメがテーマなので「麒麟之夜」というタイトルになっているのだ。

つまり、広州GNZ48は、アモイで開催される日本関連のアニメのコンサートに、日本人声優さんといっしょに参加するということになる。

広州GNZ48は、香港、アモイなど、中国本土とは文化の違う土地が近くて出張しやすいので、何気にこういう日本関連の仕事もできたりして、他の姉妹グループよりも自由度が高いようだ。

シェアする