重慶CKG48チームKユニット曲『闇夜の足音』の意表をつく演出

重慶CKG48チームK『奇幻加冕礼(ティアラ・ファンタジー)』公演の4人のユニット曲『暗夜脚歩声(闇夜の足音)』の振付けが面白いのでご紹介。

この公演は北京BEJ48チームEの全曲オリジナル公演をお下がりで上演しているが、この曲の最後のBメロのリフレインで、突然、修羅場が始まる。

↓2分40秒あたりから。

見どころはここ。GIFアニメにしてみた。

失礼ながら、夏文倩(シャー・ウェンチェン)がこんなアクションをするとは意表を突かれた。

重慶CKG48もいろいろと面白い。

シェアする