重慶CKG48チームKメンバー自己紹介まとめ(1)

重慶CKG48メンバーの自己紹介ツイートから、個人的にポイントをピックアップしてご紹介。

要約するために、もともとの言葉づかいや語気は削った。たまたまチームKばかりになったのは、単に整理の都合上。

チームK 鄭陽瑩
・超好きな先輩はキクちゃん(鞠婧禕

チームK チーズ(章宇陽
・ファンに安心感を与えるアイドルになりたい。章宇陽のファンになって間違いなかったと。

・容貌だけで人を判断するか?という質問に対して、この顔次第の世界では、私たちは全員「顔コンプレックス」。ただこの世界には審美感の違いというものが存在し、最初はかならず美人に引かれる。でも私たちは世間を渡っていくからには、それより正義感を重視しないと。

・ダンスについては3歳からレッスン室に通っていて、ずっとその道を進んでいる。ダンスはもう体の一部分。小さい頃は中国舞踊だったけれど、中学生からHIP HOPを初めて夢中になった。

・48系の曲で特に好きな曲は?という質問に、去年(2016年)のリクエストアワーを見て、朵朵(馮薪朵)先輩と陸婷先輩の『となりのバナナ』がすごく好き。それから、モンスター(劉炅然)先輩の『対峙』も超カッコイイ。

チームK 吳晶晶
・入団前からSNH48のファンで、好きな先輩はキクちゃん(鞠婧禕)先輩とMiyo先輩。

・休みのときは読書が好き。しかもかならず本の紙質にこだわる。実家にはたくさん本があったが、宿舎にはないので、小さな本棚を買いたい。東野圭吾の小説は全部良い!『白夜行』が特におすすめ。『The Unlikely Pilgrimage of Harold Fry』『宝島』『高慢と偏見』など。

・踊ってみたいユニットは、以前習った『となりのバナナ』や、重慶CKG48チームC『第一人称』公演の『Pink Sniper』。ピンク色のピストルがすごくカッコイイから。

・好きなドラマは?という質問に、ここ数日韓国ドラマを観ていた。以前は『干物妹!うまるちゃん』を観ていた。恐怖映画も、さわやかなドラマも、中二病的な熱血少女ものも、面白ければ何でも好き。

・その他には『黒執事』『Re:ゼロから始める異世界生活』『狐妖小红娘(縁結びの妖狐ちゃん)』『ラブライブ!』『カードキャプターさくら』『嫌われ松子の一生』『レオン』(フランス映画)『トゥルーマン・ショー』などなど。

・入団前から「踊ってみた」が好きで、元気満々な曲が好き。

・一年以内にいちばん伸ばしたいのはMC。話すスピードが速すぎるので、公演では抑えて話したい。

・チームKの掛け声は「CKG48!向上飛!(飛び上がれ)不説累!(疲れたなんて言わない!)we are the king!team K!」

・CKG48に入った理由は『僕の太陽』公演の「Dreamin’ girls」という曲の歌詞がとても好きで、今まで2回オーディションに参加した。二回目は最終選考の歌の審査で落選。アイドルの意義は、光り輝きながら成長する様子、その笑顔で、人がイヤなことを忘れられるような存在。

チームK 石勤
・以前にSNH48に応募したことがあるけれど合格しなかった。その後あまり応募したいと思わなかったけれど、欅坂46のバラエティー番組で、あるメンバーが事務所をいくつもオーディションを受けて、50回、100回受けても通らず、最後に欅坂の面接に合格したというのを見て、励まされてCKG48に応募した。

・カラオケでかならず歌うのはHebe(田馥甄)で、少し悲しげな曲が好き。

・上海SNH48チームSIIで一番好きなのは孔肖吟先輩。チームNIIでは馮薪朵先輩。

・背が高い理由は生まれつきだから仕方ない。でも小さいときにバスケットボールが好きだったからかも。

・48系の歌で好きな曲は『Green Flash』『思い出のほとんど』『大声ダイヤモンド』『右肩』『春の光 近づいた夏』『ハート型ウイルス』などたくさん(訳注:すべて日本語で書いている)

チームK 夏文倩
・ゲームが好き。League Of Legends、王者榮耀、Monument Valley、Anipop、1010!など。

・CKG48に入ったきっかけは、友だちと将来について話していて、大学を卒業したら実習を受けて猫カフェを開こうと思ってた。でもまだ若いし、若いうちにやりたいことをやらないと、すぐ年をとってしまうと思った。そしたら友だちがスマホでSNH48をすすめてくれて、少しは知っていたけれど、ダンスや歌が好きだと思ったから、オーディションを受けた。

チームK 黃琬瓔
・CKG48に入った理由は、以前から「踊ってみた」が好きで、たくさんそういう趣味の友だちといっしょにいれたらすごく良いと思っていて、それで応募した。

・趣味は絵を描くこと、マンガを読むこと、ネットでアニメを観ること。