SNH48第四回総選挙MVに関するテテちゃん(黃婷婷)応援会ほかの抗議文

上海SNH48二期生チームNIIテテちゃん(黃婷婷)が自ら、第四回総選挙TOP16MV『ナポリの夜明け(那不勒斯的黎明)』で、自分のカットが削除されていると運営会社に対して抗議した件。

テテちゃんが抗議していた点をおさらいすると、テテちゃんがキクちゃん(鞠婧禕)演じる王女に、こっそり解毒剤を渡すカットが削除された点。

そのため、テテちゃんが謀反者をさらに裏切って王女側についているというストーリーが見えなくなってしまった。

先日はテテちゃん自ら運営会社と内部で議論するのではなく、ツイートで公開で抗議した内容をご紹介したが、その後、彼女の応援会が広義のツイートをした内容も日本語試訳しておく。

なお応援会のこの抗議のあと、中国ツイッター(新浪微博)には「#丝芭欠黃婷婷的什么时候还#(運営会社の上海絲芭は黃婷婷の借りをいつになったら返すのか?)」というタグが作られ、トピック化されて、彼女のファンがつぎつぎにこのタグを付けてSNH48運営会社に抗議。

このタグを付けたツイートの総閲覧回数は416.5万回に達している。このトピックの管理者は「理性的に、冷静に」としてトピックを開設したが、結果、そうなっていない。

まず応援会が2017/11/01 12:48に作成してツイートした抗議文から。

今回のMVだけでなく、総選挙第3位のテテちゃんに対する過去の不適切な待遇を列挙して抗議している。

@SNH48 今日総選挙結果シングル『ナポリの夜明け』MVの8分間バージョンが公開されましたが、その中で黃婷婷のカットの配分によって、彼女を推しているファンは運営会社に失望と憤怒を覚え、言わずにいられない段階まで達しました。

1、MVの中で黃婷婷の役柄はスパイですが、ストーリーが大量に変更され、削減されたために、この役柄がストーリーを推し進めるために果たしている作用がまったく見えなくなっています。

カットそのものの時間やコマ数についてだけでなく、さらにカットの品質、MVそのもののストリーに対する重要性についても、このMVの中で黃婷婷の役柄のカットは完全にそのレベルに達していません。運営会社が明確な説明をするよう希望します。

2、(2017年)7月中旬、興業太古匯(訳注:上海のショッピングモール)のディズニー・ショップのスタッフと応援会は連絡を取り、応援会が8月末から9月上旬に黃婷婷が同店舗の開業式に参加するので、ファンの協力をお願いするという通知を受けていました。

8月初め改めて相手方に問い合わせたところ、運営会社との話し合いの段階で、第四回総選挙TOP16メンバーがイタリアでMV撮影することを知らされておらず、契約書にサインする前に初めて通知されたため、外務担当者に仕事の上で極めて大きな迷惑をうけたと、ショップ側は非常に不愉快な思いをしていました。

3、『以愛之名』のPR映像にも同様のカットの問題が現れています。黃婷婷のカットは第四回総選挙のランクが低いメンバーよりも少なく、公演初演の最後の3曲で黃婷婷はセンターをつとめていますが、それに相応する生放送カメラのカットを得られていません。クローズアップに至っては非常に少ないです。

4、スタッフの黃婷婷本人に対するこのような行為の存在を排除するとともに(我々は心からそのような状況が存在しないと希望していますが)、運営会社は上海本部のスタッフの仕事上の素養および協調性の能力をさらに強めるようお願いします。

黃婷婷本人が劇場外のドラマ撮影をしているのは、運営会社のための努力であるにもかかわらず、運営会社のスタッフはメンバーとそのファンの心血を逆に消耗させています。熟慮願います。

5、善意による仲裁によっても、運営会社が問題の厳重さを意識しない場合は、ファンは全力で、事を大きくし、それ相当の注目を集めるようにします。

そして上記の「#丝芭欠黃婷婷的什么时候还#(運営会社の上海絲芭は黃婷婷の借りをいつになったら返すのか?)」というタグを作ったテテちゃんのファンサイト「HTTime」の責任者は、このタグをトピック化するにあたり、次のようにツイートしている。

#絲芭は黃婷婷の借りをいつになったら返すのか?##絲芭は黃婷婷の借りをいつになったら返すのか?##絲芭は黃婷婷の借りをいつになったら返すのか?# (この抗議文自体へのリンク)
#絲芭は黃婷婷の借りをいつになったら返すのか?##SNH48ナポリの夜明け#

@SNH48

一、貴社が(2017年)11月1日に発表した『ナポリの夜明け』MVで、黃婷婷はスパイの役でストーリーの極めて重要なつなぎの部分となっていますが、理由もなく削除され、人物のイメージを徹底的に破壊するに至っており、MVのストーリーもこのために理論と完全性を失っています。

今回の撮影は遠くイタリアに赴き、その中で艱難辛苦の上、個人の創作と心を込めた演技で、撮影のために尽くした苦心を、軽々しく削除することは、黃婷婷本人とグループに対して、等しく尊重を極めて欠くものです。

このように理由もなくストーリーの重要な部分を削除する行為は、MV全体の完全性と風評に影響することを代償としてもたらし、最悪の場合は、背後の見えないところで隠れた操作が行われているのではないかという推測をせざるを得ません。

ニ、本サイトは(2017年)8月末TEDx運営組織と連絡し、かつ肯定的な回答を得て、11月末に黃婷婷が招待を受け、講演を行うチャンスを得たことをうれしく思っていました。

9月初め、TEDx運営組織とSNH48運営会社の双方が直接交渉し、9月20日、TEDx運営組織が当サイトに対して、SNH48運営会社から黃婷婷が撮影の時期との調性が難しく、出演できなくなったという通知をSNH48運営会社から受けて、残念に思っていると、知らされました。しかしSNH48運営会社はこのチャンスについて、他のメンバーを推薦することを排除していないとのことです。

現在、依然として撮影をしている彼女は、従来どおりその他の劇場外の仕事に飛び回っており、我々はいわゆるドラマ撮影期間の問題でTEDxの出演チャンスを取りやめたというこの言い方に合理的な疑義を持っています。

いままで彼女と彼女のファンは運営会社に対して十分な改善のチャンスを与えてきましたが、運営会社は決してそれを重視することなく、このように一度ならず、運営会社の発展に対しても不利になっています。

新公演で黃婷婷がセンターをつとめる楽曲についても彼女に極少ない生放送のカットしか与えず、彼女のソロ曲は何度も公式サイトの推薦欄から消失し、彼女の劇場外の仕事を合理的でない理由で取りやめたことも数回に及びます。

我々は再三再四このような規範のないマネジメント会社の行為を耐え忍んで来ましたが、このことは未来のアイドルの発展を隠れた危険の下に埋めてしまうことになります。運営会社は問題の存在を直視し、かつそれに対して積極的に改める必要があります。

ここに、メンバーおよび運営会社が共に発展するよう考慮し、当サイトは以下のことを求めます。

1. 正式なMVでは削除されたカットを補うこと。もし手落ちを補うことが難しければ、黃婷婷に対して今回の損失の合理的な補償をすること。
2. ストーリー版MVで削除されたカットを補うこと。
3. 今回のカットが削除された原因を徹底的に調査し、公式のチャンネルを通じて合理的な説明をすること。
4. TEDxの件について合理的な説明をすること。
5. 黃婷婷に関する企画、および、発展の方向性について改善し、かつ、重視すること。

HTTimes-黃婷婷個人サイト
2017.11.2

以上が、第四回総選挙で第3位になったテテちゃんの応援会、および、彼女個人のために作られている「HTTimes」というサイトの運営責任者からの、SNH48運営会社に対する抗議文の内容だ。

筆者は言いたいことは山ほどあるが、とりあえずこの記事では日本語試訳にとどめておく。

企業の利害関係者は契約タレントとそのファンだけではないという観点で、筆者の言いたいことはおいおい書きたいと思う。

シェアする