重慶CKG48チームCデビュー公演『第一人称』初日とは思えない完成度

重慶CKG48チームCのデビュー公演『第一人称』初日が終わったが、とりあえずは自己紹介部分の映像をどうぞ。

『第一人称』は広州GNZ48チームNIIIの全曲オリジナル公演で、重慶CKG48チームCはお下がりで上演している。

デビュー公演初日にしては、ダンスがとてもきれいにそろっているのが印象的だった。

↓たとえば公演タイトル曲『第一人称』の映像がこちら。

冒頭のジャンプがとにかく高い。オリジナルの広州GNZ48チームNIIIもここまで高く跳ばない。

そしてこの曲のセンター。ぱっと見てすぐ、少しキクちゃん(鞠婧禕)に似ているメンバーが、公演の予告編映像でも主役になっていたウェイウェイ(冉蔚)。キクちゃんと同じ四川省出身。これだけ識別しやすいセンターも、そうはいない。

↓ウェイウェイ(冉蔚

もう一人、後半の16人全員曲のうち『Never Give Up』という曲のダンスで、広州GNZ48チームNIIIキャプテン・ミッフィー(劉力菲)と同じポジションを踊っていたのが、リオ(李恩銳)。

↓リオ(李恩銳

彼女もまったく物怖じせず落ち着いていて、トークコーナーでどんどんしゃべっていた。もしかするとキャプテン候補かもしれない。

いつもどおり筆者はビリビリ動画で観ていたが、現地ファンの弾幕コメントにもあったのは、デビュー初日なのにトークコーナー(MCコーナー)でほとんど「寒い」場面がなかったこと。

誰かがかならず話をつないで沈黙を作らない。恥ずかしがって話せないメンバーもいない。今までみたデビュー公演初日のMCではいちばん良かった気がする。現時点の広州GNZ48三期生(研究生)のMCよりも上手い。

これはたぶん、広州GNZ48チームNIIIと兼任で今日の公演にも参加した、はるか(熊心瑤)の指導だと思う。

MCのテーマが宿舎のルームメイトということで、初日からいきなりCP(カップリング)ネタ、つまり誰と誰が仲がいいという「百合ネタ」で攻めてきたのも、はるか(熊心瑤)の提案だと思う。カップリングでファンに訴求するのは、広州GNZ48チームNIIIの得意技なので(笑)。

注目されているメンバーは、弾幕コメントを見ていると「これ誰?」「右から2番めは誰?」といった質問が流れてくるので、これから人気の出そうなメンバーがよく分かる。

そして演出面では、衣装のクオリティが高い。瀋陽SHY48より良いのは当然だが(瀋陽の衣装はヒドすぎる)、北京BEJ48よりも良い。ほぼ広州GNZ48のクオリティに並んでいる。広州GNZ48の衣装部が作ったというウワサもある。

アンコール前の『BA BA BA』の衣装のスカートには、いわゆる中国伝統芸能の「臉譜」のプリントがあるなど、細部まで凝っている。アンコール後の制服衣装のクオリティも広州GNZ48と同レベルの高さ。

技術スタッフ、照明、生中継のカメラ、音響はまだまだだが、これらは少しずつ確実に改善するので心配ない。

それから、理由は分からないが客席の女性ファン率がやたらと高い。今日の公演の声援も、上海SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48、瀋陽SHY48ではありえない女性ファンの多さだった。

以上、まとめると、デビュー初日なのに安心して観られる公演で素晴らしかった。