党宣伝部下部組織がSNH48グループ社長を「育成系アイドル創始者」と認定

AKB48の中国再進出に関連するお話。

起業家の表彰イベントで、中国共産党宣伝部の下部組織がSNH48社長を「育成系アイドルグループの創始者」と認めた。

「2017中国経済潮流人物評選~ビジネス界の未来の力を求めて」とある。

中国の起業家から優秀な人物を選定、表彰するイベントだ。主催は中国共産党の海南省海口市委員会「宣伝部」、つまり、中国共産党中央宣伝部の下部組織、および、中国のネット最大手「新浪」。中国ツイッター(新浪微博)の運営会社でもある。

表彰までのプロセスが下図。

候補者はネット公開投票後、審査委員会が最終選考し、2017/12/08に表彰式される。(実質、審査委員が決めるんだろうけど)

候補者の中にSNH48運営会社社長の王子傑氏がいる。

こちらは人物紹介。

「絲芭文化の設立者。アイドルグループとファン経済を運営のよりどころとし、絲芭文化設立後、女性アイドルグループ育成モデルを創始、エンタメコンテンツ生産全般の多様化と、多チャンネルを通じたファン経済によるマネタイズ能力をもつ、総合的なエンタメ産業集団となった。作り出した大型女性アイドルグループSNH48はすでに300名を超え、世界最大規模のアイドルグループとなった」

育成系アイドルグループというビジネスモデルを「开创(初めて創った)」とある。

ところで、ご承知のように王子傑氏は日本人だ。

上海市人民政府は毎年、上海で活躍する外国籍の人物に「白玉蘭紀念賞」を与えている。その2006年受賞者名簿がこちら(上海市政府公式サイト)

25番に「王子杰/Oji Takeshi/日本/男/上海潤星網絡科技有限公司/総裁」とある。

「上海潤星網絡科技」は2003年設立、「久游網(ナインユー)」というオンラインゲームサイト運営会社で、その後「久尚」という女性モデルのマネジメント会社を立ち上げ、この会社が、AKB48がSNH48を設立したときの現地パートナーになった。

以前もご紹介したが、王子傑氏がMMORPGで日本進出したときのインタビュー記事はこちら(2009/04/01)

…と、マジメに書いてきたが、海南省の起業家表彰イベントで、王子傑氏が中国共産党中央からお墨付きをもらうことには全然ならない。ただのネタとしてご紹介した。

ただ、AKB48が中国に再上陸してここまでの存在感と、共産党の認知を得るのに、いったい何年かかるだろうか。

今年末にメンバー募集開始、メンバーお披露目は来年2~3月というゆっくりしたペースなら、たぶん5年かかるだろう。

SNH48がここまで来るのに5年かかったのと同じように…。

シェアする