上海SNH48八期生バークリー音楽大学卒 サイクロン(葛佳慧)2017/10/14個人アカウント生放送文字起こし

上海SNH48八期生、バークリー音楽大学卒のサイクロン(葛佳慧)が、中国ツイッター(新浪微博)の個人アカウントから「一直播」という生放送アプリで、入団後初めてネット生放送を行った。

元リンクはこちら。Cyclone_Ge(一直播)2017/10/14

中国ツイッター(新浪微博)のこちらの2017/10/15 08:49のツイートで生放送の内容を文字起こししているのを見つけたので、長文だが日本語試訳する。

お披露目以降、公演に出ておらず、いろいろなウワサが飛び交っているが、運営会社からまだ公式アプリ「Pocket48」の使用許可が出ていないので、やむを得ず「一直播」で生放送したらしい。

以下、彼女は画面に流れるファンからのコメントを見ながら、その質問に答えている。

ずっと「Pocket48」のアカウントがなくて、自分のアカウントでこの生放送をするしかない。私は今北京の同窓生に会いに行くところで、彼女といっしょに『窮』(貧乏の意味)という曲を書いた。

私たちは大学を卒業した後、経済的にずっと余裕がないので、ここ数日編曲とレコーディングをしていた。本当にお金がない。

大学生が卒業したら、どこの大学の学生でも、つねに過渡期がある。私の同窓生は、バークリー音楽大学を卒業して、帰国してからあるレコード会社と契約して、今はプロの演奏家になった。

それから彼女に、一か月どれくらい稼いでいるか聞いてみたら、数千元しか稼げないと言っていた(訳注:3,000人民元とすると月収5万円くらい)。みんな留学してたくさんお金を使っているので、帰国した後はゼロから始めないといけない。

みんな何か質問があればなんでも聞いていいよ。初めての生放送だから実は緊張してる。何を話していいか分からない。

公演ね。公演はいまのところ確定してない。会社から通知を受けてないから、分からない。自分でもいつ公演に出られるか分からない。実はすごくみんなに会いたい。

この間、中秋節特別公演のときは、本来出演する準備をしてたけれど、体調のせいで出られなかった。それで、みんなと会えなかったのは、すごく残念。みんなに会いたいよ。だから、ちょっと危険だけど、個人アカウントで生放送をしてる。

身体还好吧,现在嗓子还是蛮痛的,之前去了一趟内蒙古,然后就很冷,我没有带很多衣服,都很薄的那种,2件风衣啊,然后又拍照,那边还下雪,就很艰苦,我觉得去一趟内蒙古身体更差了。
みんなの質問を見てみるね。

48は良いと思うよ。みんな48が好きでしょ。私も48が好き。私のことはグーグーちゃんって呼んでいいよ。

ここ最近会社でレッスンを受けて、先輩といっしょにレッスンして、初めていろんなことに気づいた。先輩はみんな優秀だし、性格もいい。先輩はみんな好き。

易嘉愛先輩はとても人なつっこいの。私に。彼女がWeChatで私につけているID名を見たら、「佳慧天使ちゃん」とか書いてあって…。

私、今日は歌わないよ。喉があまり良くないから。

私も易嘉愛先輩が好きで、いつも彼女を嘉愛先輩って呼ぶたびに、彼女は先輩って呼ばなくていいって、だって私たち同じ年だからって。

私たち二人とも1995年生まれみたい。彼女も苦労してると思う。一週間のうち深センと上海を往復して、毎週急いで飛行機で、深センに行って。深センは上海からすごく遠いでしょ。

実は私も、大学に通ってたとき、二か所を往復してたから。当時、私の大学はボストンにあって、ニューヨークの先生のところにレッスンに行きたかったから、毎週ボストンとニューヨークを往復してた。10時間かけて、大型バスで。長距離バスみたいなやつ。

だって電車で通うお金がなかったから。アメリカの電車の運賃は高いよ。ニューヨークとボストンだったら、だいたい100ドル強。片道でね。だいたい座れないし。だからバスで行くしかなかった。今はもう慣れたけど。

新公演は基本的に、大体踊れるようになった。前に先輩みんなとレッスンしてたとき、基本的にいつも先輩といっしょだったから。

実は私も淡いメイクのほうが良いと思ってる。でもこの間は仕方なかったんだよ(訳注:お披露目のときのメイクのことを言っている)。まつ毛のエクステを付けて、それでお姉さんがすごく長いエクステを付けてくれて。

自分でエクステを切るわけにいかないから、まつ毛が気まずかった。それに数百元使って付けたエクステだから、切り落とすのももったいなくて、

でも結果、舞台に上がったらみんな私のメイクが濃いって言って、自分でも反省したよ。確かに濃いなって。だからまつ毛のエクステは切っちゃった。

新公演についての意見ね。メンバーのみんなはすごく努力してると思う。みんな毎日明け方までレッスンして、私が生活センター(訳注:SNH48メンバーの宿舎)にいたときは、私もみんな努力してるのを見てたから。

制作、公演の構成、そういうものは、実は私たちが主になって出来ることじゃないから。私たちもどうしようもないよ。公演のことは会社が仕切ることだから、私も今の状況は具体的には知らない。

みんな「秋褲」(訳注:ズボン下、レギンスのこと)はいてる?実は私たちのあっちでは「棉毛褲」っていうの。私は南京生まれで、あっちでは棉毛褲って言うの。みんなまだはいてないけど、はいてる人もいるみたい。

みんなコメントが速すぎる。私、生放送で「美顏」(訳注:リアルタイムで顔に修正を入れるアプリ)を使うのは好きじゃない。自分じゃないみたいだから。ほら「美顔」をオンにしたよ。公演に出られるのを待ってる。ほら私じゃないみたいでしょ。ツッコミを入れたくなる。

私もダウンジャケットは着るよ。今日はウインドブレーカーを着てるけど。だってファッショナブルなのがいいから。(訳注:「我不要温度,我要風度」というネタ。冬の洋服は温かさより見た目のほうが大事というジョーク)

私の髪の毛多かったけど、みんなに少なくなったって言われる。今こんな感じで、まあまあみたい。この間私がツイートした写真と同じようなもんね。きっと特に突然ってことはないよね。

この王冠って何?えっ、誰かハートをプレゼントしてくれた。他には何があるの?誰かがチキンの脚があるとか言ってたけど。わぁ、これ何?さっき誰かが黒くてiPhoneみたいなのをプレゼントしてくれたけど。(訳注:このあたりはネット生放送のバーチャル・プレゼントの話)

中国ツイッター(新浪微博)の公式アカウントは、会社がまだくれない。会社に質問したけど、もう少し経ってからだって。会社の人がどう考えているのか分からない。私も一人のメンバーとして他の権利のことについても質問した。

(運営会社は)クズだって、みんなのネットスラングはすらすら出てくるね。私だって知らないんだよ。私自身、入団したばかりだから。

私の応援会のみんなが作ってくれたスタンド花とか、ポスターロールとかも見たけど、ほんとに心がこもってると思った。

あのスタンド花はホンモノの花でしょ。もし私が友だちの演奏会にプレゼントするとしたら、造花を買うけど、それじゃ誠意がないよね。プラスチックの友情とか。私の応援会はホンモノの花を送ってくれたんだから、すごいことだよ。

花をプレゼントするって言えば、突然思い出したけど、私が高校生のとき、コンサートを開いて、当時友だちが応援に来てくれたの。そのとき声楽を勉強していて、イブニングドレスを着てて、エレガントな感じで、私のいつものスタイルと全然違ってたの。

だってそのとき私はまだ15、6歳で、すごく正式な服装で、エレガントな感じで舞台に立って歌い終わった。そしたら私の友だちが花束をもって舞台にやってきたの。当時私は背が高くて、自分でうまく歌えなかったと思ったから、急いで舞台から下がりたかったの。

最後のピアノがまだ弾き終わらないのに、ドレスの裾を引きずりながら舞台から下がったら、その友だちが舞台の反対側から舞台に上がってきて、大きな花束を持って、客席には何百人と同級生がいたのに、私は反対側に歩いて行くから、友だちが舞台の上で大声で「葛佳慧!」って叫んで、すごくバカみたいだった。

私はいま北京にいるよ。内蒙古から戻ってきたばかり。私たちは自分で運転して旅行するの。それで他の友だちはみんな北京に住んでる。高校の時に北京に来て、自然に知り合った感じ。今は同じ大学の学生といっしょに住んでる。彼女の実家が遠くて、昌平で、北京の郊外にあるから。

これからの予定はまだ決まってない。会社が決めるのを待たないと。もし会社がすぐに私が必要なら、上海に帰るよ。もし会社がしばらく私が必要なければ、しばらく自由に過ごす。

誰かが私に投げ銭しなきゃってコメントに書いてくれてるけど、いらないよ。私に投げ銭してくれなくていい。みんな私の書く新しい歌を応援してくれればそれでいい。いま作曲してるやつね。もう少ししたらちょっとだけ聴かせられるから。

歌詞は基本的に全部私が書いてる。RAPがある歌で、歌詞が長い。私たちかなり時間をかけて書いてて、いま作曲の段階が終わったところ。それから私が編曲する。編曲が終わったら録音して、録音が終わったら編集して、編集が終わったらミキシングして、ミキシングが終わったらマスターテープを作って、マスターテープを作ったらポスターとかを作る。

まだやらなきゃいけないことがあるってこと。出来上がって少し経ったらみんなに知らせてあげる。私たちはこの曲がすごく好きで、すごく地に足の着いた感じで、中国語に英語が混じってる歌。

みんな私のことを知ってくれたら分かると思うけど、実は私ってすごくバカな人だよ。ツイートではみんな私がクールで高飛車な感じだと思ってるけど、バカさ加減はすごいよ。ときどきすごくクールになることもあるけど、でも、いつもは、どちらかというと…どう言えばいいか分からない。

口が悪いでしょ。ごめんなさい。みんなに悪い影響を与えちゃうね。お給料を引かれちゃう。もうお金がなくて引くお給料もないんだけど。

「Pocket48」(訳注:SNH48運営会社が開発した公式アプリ)は会社が使わせてくれるまで待たないといけない。今はぜんぜん使えない。

この間、先輩といっしょに新公演のレッスンをしてたけど、私のポジションはないよ。だから後ろでレッスンしてた。お給料から2,000元引かれるって?2,000元も引かれたらお給料なくなっちゃうよ。私たちの最低給与はそんなに多くないよ。

代役?誰かがいない時の代役のことね。私が言ってるのはレッスンのときの話。えっ?最低給与のことは言っちゃいけないの?具体的な金額は言ってないでしょ。大体の金額を言っただけ。とにかく数千元くらい。

私は、数千ドルとも、数千人民元とも、数千ウォンとも言ってないでしょ。今はこんなに国際化してる時代だから、レートで計算してみないと。

ダンスね…私は音楽の人でしょ。私たちの専門は音楽でしょ。毎日パソコンとか、ピアノの前で練習してるから、大したレベルじゃない。ダンスは私にとって新しいチャレンジ。

今は腹筋はないよ。あの写真は前の写真で、毎週何度かジムに通ってたから。あのときはジムで個人レッスンもあって、だからあのときはけっこう鍛えてた。食事にもすごく気をつけてて。

あの頃は、昼食は基本的にプロテインの粉末だけで、それ以外は無し。あのときの体型は確かに良かった。今は腹筋が全部つながっちゃった。

誰かが私の踊った『恋愛サーキュレーション』を見たみたいだけど、あれは高校一年のとき。みんなやっぱり見ないで。ずっと前に踊ったやつだから。

英単語を覚える方法?そうだね。実は英単語はあんなふうで、私ほんとに自分の英語がそんなに上手いとは思ってない。一年留学してたから、生活するために必要な技術だから。ふだん講義に出てご飯を食べて、一人で出かけたりとか、生活する面では、それでOK。

ああやって話してるのは、友だちとおしゃべりしてるだけで、勉強したときは段々できるようになった。難しい単語は実は私もあまり知らない。結局私はアメリカ人じゃなくて、ただの留学生だから。

(2017年10月)21日の公演は出られるかどうか分からない。会社からの通知を待たなきゃ。今はまだ何の知らせも受け取ってないから。前にインスタグラムで生放送する準備をしてるって言ったでしょ。あの生放送は外国の人が見られるし、あのときは二か国語で生放送できるから、すごくワクワクしてた。

「塞納河」?どっちの「塞納河」のことを言ってるの?(訳注:中国語でセーヌ川「塞納河 Sai Na He」は頭文字をとると「SNH」なのでSNH48のあだ名になっている)。私が何か国語しゃべれるかって?南京語と、北京語と、ちょっと台湾なまりも話せるし、そんなところ。3つの省の言葉だね。

SNHのことは、実はデビューしたばかりのときから知ってた。だって私のような音楽専攻の人は毎日歌を聴いてて、最近どんなニュースがあったとか見てるでしょ。だからデビューしたばかりのときから知ってるよ。当時のあの曲、『RIVER(激流之戦)』も知ってる。

私は早稲田大学にいたことはないよ。実は早稲田の大学院も受験してない。早稲田は夏学期の一科目に出ただけ。私が受験した大学院は、やっぱり音楽だから。『雞柳之戦』?私たちのグループってほんと…

(訳注:「激流」と「雞柳」は中国語で同じ発音。「雞柳」は鶏の胸肉を棒状に割いてフライにしたもの。たぶん生放送でこのコメントを流したファンは、「雞」が中国語で売春婦の意味にもなるので、悪い冗談で使っている。SNH48のファンはいろいろと自分たちのグループを悪く言うような冗談を言うのが好きだね、ということで彼女は無言になっている(笑))

初代の応援服、言っとくけどあの初代の応援服は私が自分で作ったんだよ。当時私たちはコンサートを開くのに、基本的にみんな黒を着てた。黒いシャツとか。私はつまらないと思った。

だって私たちの学校はポピュラー音楽の音楽学院だよ。そんな平板なのつまらないでしょ。それで自費でサイクロンTシャツを作ったの。実はかなり高かった。だってたくさん作ったから。

もともとアメリカ人はもう少し太ってると思ったから、XL、XXL、XXXLとか大きなサイズのを買ったの。でも持ってきたらみんな明らかにダブダブで、みんな笑ってた。Tシャツの中にもう一枚着てた人が多かった。

サイズを知らなかったから、大きいサイズを買ったの。だって小さいよりは大きい方が便利でしょ。「道袍」にもなるし。自分のサイズに合ったのは私だけ。それから私の応援色は白ね。応援服は、みんな気に入ってくれたらそれでいい。着心地がよければいいよね。

ツイートで誰かが古風なグループを作りたいって言ってるメンバーがいたけど、すごくイケてると思う。昨日そう思ってたのをまだ覚えてる。宋の時代の漢詩で書いた曲を使ったら、すごく面白いと思った。

どうして私の目がそんなに大きいのかって?実物はそんなに大きくないよ。もう「美顔」機能はオフにしたし。

だって古典の調はたくさんあるけど、メロディーは伝承されてないけど、詩だけはまだ残ってるでしょ。前に友だちと話してたんだけど、考古学の番組を観てたら、昔の「編鐘」が丸ごと発掘されて、その鐘が一つひとつ違う音程で、その音階と音律は完璧な音律だったのに、後になって失われてしまったって。今私たちが聴いてるのは、全部西洋の平均律で、クールだと思う。

キャプテンの目は私の目より大きいって?彼女の目はこういう感じだよね…(訳注:ななし(馮薪朵)の目のこと)

北京の渋滞はすごいね。今どこを走ってるのか分からない。市内に入るところみたい。私、自分で運転して旅行するでしょ。

姜涵(訳注:SNH48八期生)が私のルームメイト。もともと笑うのが好きで、ちょっと笑うとすごくバカっぽくなるから、一瞬でキャラ設定が崩壊する。お披露目の後、帰ってからツイートをみたら、みんな私の学校のこととか、全部調べ上げてたよね。

自分でもあまり注意して隠してなかったから。でもみんなが一気に掘り返して、私のキャラ設定が一瞬で変わった。分かるでしょ。私はやっぱりおどけたキャラから始めたかったのに、どうしようって思った。この最初の生放送で、私のキャラ設定は崩れたから、もうやらないよ。

「瑪麗蘇(マリス)」って何?「知乎」も読んだよ。みんな私の経歴とか、将来について一大予測をしてたよね。この「瑪麗蘇(マリス)」って何?私「アナ スイ」しか聞いたことがない。

とんでもない経歴?私のどこが?もう食べていけないし、心の糧しかないんだよ。その心の糧もまだ一曲しか絞り出せない。しかも『窮(貧乏)』っていう名前の曲。

みんな「特侖蘇」って知ってるよね。私じつは乳糖不耐症で、ちょっとあれ、牛乳を飲むと気持ち悪くなるの。胃が気持ち悪くなる。でもチーズは好き。そういう太る食べ物が。

公演のことはもう一度みんなに言うけど、私も実は知らない。実はみんなと会いたいと思ってる。も会社がまだ予定をくれないの。会社の通知がほしいんだけど。応募?応募したときは、本当に真剣に応募したんだよ。会社の人が私と話をしに来るんじゃないかと思って、うまい具合に縁があって、メンバーになった。

言っとくけど、私の中学校の同級生が、王社長と同姓同名なの。私の中学生の時の同級生ね。中学生の時私のことが好きで、でもその頃私は勉強に専念して、他のことに気を取られないようにしてたから、そのことに気づかなかった。

その同級生の子は、いわゆる不良学生だね。いつも違う場所の公衆電話から私のスマホに電話をかけてきて、私に宿題の質問をしてきたり、うれしかった。結果、私が帰国したら彼も芸能界に入っていることを知って、今は趙麗穎の事務所にいるの。やっぱりすごいよね。

あの『逐夢演藝圈』、みんな観てみるといいよ。笑ってるうちに終わるから。誰かが私の改変版がそうでもないって言ってたけど、自分でもそうでもないと思った。(訳注:)

実は私あの曲はやっぱりすごいと思うよ。あのRAPの中のひとこと「我也是怎么想的(私もそう思う)」は、ほんとに変えられないから、どう歌っていいか分からなくて、省略するしかなかった。分からない。私の微博の公式アカウントがいつもらえるのか。

みんなあのサプライズプレゼント見た?あの顔、私の方を見てるんだよ…(訳注:彼女が『逐夢演藝圈』のパロディー編曲で演奏した動画で、彼女の背景の右上に同映画の監督が画面に映っていて、彼女を見つめているように見える)

↓この動画。せっかくなので音声を正規化、少しコンプレッサーをかけて、リバーブも付けておいた(笑)

私は公演に出るよ。すごく好きなのは『光之軌跡』。あれってすごく燃えると思う。あの振付けは個人的にかなり良いと思ってる。

私の笑い方?私もこの笑い方がどっから来たのか分からないよ。小さい時声楽を習ってたでしょ。だから笑い声がすごく大きいの。笑うとすごく大声になって。

先生の私たちメンバーに対する要求はすごく高いよ。もし私がうまく踊れなかったら、先生は私を叱るし、良くないところを指摘する。

「瘋狂打電話(狂ったように電話する)」ってどういう意味?どこのネタ?「瘋狂打電話」が「「瘋狂応援(狂ったように応援する)」意味っていうのは知ってるけど。どこから来たネタなの?みんなが大声で応援することじゃないの?みんな客席でコール(call)して、私は舞台で電話する(call)。

なんでまた給料を引かれるの?私の生活って大変な感じ。何をやっても給料を引かれるんだね。もともとお給料がないのに。(訳注:ファンはもちろん冗談で言っている)

みんなそんなに意地悪しないでよ。私みたいな単純な人は、callも知らないんだから。みんな私に基本的なことをいろいろ教えてね。

みんな知ってる?私が戻って来たばかりのとき、金瑩玥がずっと私にツッコミを入れてたのは、ニセ中国人だって。そのとき私ずっと出前を呼んでたでしょ。私たちの出前はほんとすごくて、出前のお兄さんには「いいね!」をあげたい。

たった半時間でひき肉ご飯とか、餃子とか持ってきてくれる。そういうのって私たちが留学してるときは贅沢品だったんだよ。車で半時間かけてチャイナタウンに行って、十数ドル、100人民元くらい出さないと食べられなかった。ここだと30元で、しかもひき肉ご飯とか下まで持ってきてくれるんだよ。

そう、わたし姜涵といっしょの部屋で、彼女はチームHIIになった。

フランスはもっと大変だよ。実は私パンとコーヒーが大好きなんだけど、帰国したらやっぱり水が合わなくて、たぶんまだなじんでないからだと思う。この数年で海外いて何を経験したのかよく分からないけど、海外ではとくにね、焼肉とか、焼き魚とか、すごくお腹を下して、今はもう味覚もなくなった。まさに『苦難に満ちた米帝国主義の生活』だよ。(訳注:『水深火熱的美帝生活』は北朝鮮が米国の生活の悲惨さを描いたプロパガンダ映画で、中国ではお笑いのネタになっているらしい)

しかもWeChatとか、支付宝(アリペイ)とか、私がそういう話をするとダサいでしょ。ある日スターバックスでコーヒーを買ったら、店員さんがWeChatで支払いできますよって。それで私が、わぁ、すごいですねって言って、WeChatを開いたら、その店員のお兄さんがナゾの視線で私を見てた。

私、バカにされたみたいでいじけちゃったよ。そうだよ。私のキャラ設定なんて崩れてるんだって。キャラ設定なんて持ちこたえられないよ。最初からクールな性格じゃないし。じつは私ぜんぜんクールじゃないよ。

たぶんこれからもレッスンする。今は仕事に専念してる。今はみんながいっしょにいてくれるのに、みんなを置いて逃げ出すなんて、ぜんぜん良くないことでしょ。(訳注:退団のウワサについて言っている)

学業については、いまオンラインレッスンに応募してる。私たちバークリー音楽大学のオンラインレッスンね。オンラインで大学院の卒業証書をとれるから。

それから大学に応募したときはずっと学びたい専攻があったけど、後になって去年はそんなに時間がなくなった。専攻は電子音楽のサウンドデザイン。そんな尊敬されるようなものじゃないよ。そういうものは適当にできるでしょ。

みんなこの卒業証書のことで、すごくこだわってるみたいだけど、実は私が大学の最後の一学期に通ってたとき中退したの。そのときは何も勉強することはないと思ってたから。プログラミングって実はすごくカッコイイよね。最近オンラインレッスンで始めたところ。

私ずっと退学した人はカッコイイと思ってる。知り合いで退学した人は多いけど、家族以外は応援してくれなくて、お金がなくて退学する以外の、残りの退学はカッコイイと思う。あっ、父親は関係ないよ、勉強は終わったけど卒業証書はいらないさ、っていう感じはカッコイイでしょ。

私が特に好きなミュージシャンは、そういう人。でも国の事情が違うよね。英語の先生になろうなんて本当に思わない。私はみんなの英語はもういい線いってると思うよ。どうしてまたお給料を引かれるの?また何か間違ったことを言った?どうしてまた引かれるの…

私が南京にいたのはそんなに長くなくて、南京では小学校、中学校のときにいた。それから高校には行かなくて、北京に行った。中学を卒号した後一年休んで、音楽学院の受験の準備があったから。半年はぶらぶらして、半年は勉強して、それから音楽学院に行ったの。

私の英語はふつう。南京語、北京語も話せないけど、聴き取ることはできる。

生活センター(訳注:SNH48メンバーの宿舎)はおもしろいよ。実は一人で住むのはあまり好きじゃない。だって子供の頃から一人でいることが多すぎたから。ちょっとさみしいから、みんなといっしょに生活するのはすごくいい。

生活センターの部屋もすごくいい。空調もあるし。私ほんとに苦労してたんだなぁって感じ。だってみんな留学してたときは空調がなかったんだよ。扇風機だけ。生活センターはやっぱりいい。

ベッドも大きくて快適だし、ネットも速いし、それからレッスン室もあるし、いつでもレッスン室に行けるし。私たちが大学に通ってたときは、あのピアノ室なんてぜんぜん取れなかった。しかも12時には閉まるし。

ときどき課題が終わらなくて、ずっとピアノ室にこもらなきゃいけなくて、12時にピアノ室を閉める人が来たら、ライトを消して、ピアノの下に隠れて、チェックが終わるのを待つの。すごく面倒だった。

それから家に帰らなきゃいけなかった。ボストンは寒くて、ほんと、零下数十度っていう寒さ。生活センターでは完全にこんな目に遭うことはありえない。

いま『勇敢的心 Brave Heart』っていう曲が、ほんとにすごく好き。熱血で、しかもあのスタイル、編曲もすごく良い。ほんとに燃える。(訳注:SNH48の2016年末の全曲オリジナルEP『Happy Wonder World』収録の上海SNH48チームNII曲)

私が入団して最初にならったダンスが『Brave Heart』。同期にはダンスができる子もいるし、とくに歌を勉強してる子もいる。舞台に上がるとちょっとした歌とダンスができるけど、それほど専門的じゃないかもしれない。

しかも私は悪い習慣があって、とくに冷たいものを食べるのが好き。

いちばん苦労するのはダンスでしょ。すごく難しいと思う。毎回私は仕方ないと思う。毎回みんながダンスを終えても、私は呆然としてるようなそういう人だから。それで私は金瑩玥をつかまえて質問するの。さっき踊ったのは何?ぜんぜん分からない、って。

ナナ先輩(訳注:萬麗娜のこと)はほんとに超絶賛。毎回すごく早くからダンスの準備をしてきて、基本的に新しいダンスも、彼女はもう半分はマスターしてる。

宿題をしてる人もすごいし、残業や補習をしてるひともお疲れさま、すごい。私みたいな、理想もなく、前途もなく、お金もない人くらいしかみんなに会いに出てこれない。みんな奮闘してるから。(訳注:生放送をするヒマがあるのは自分くらいという自虐ネタ)

みんな最近どんなゲームをしてるの?私はあまりゲームができなくて、今流行りのはよく分からない。みんな教えてね。みんな『王者栄耀』をやってるみたいで、私たちのメンバーでもやってる人がたくさんいる(訳注:『王者栄耀』は子供が夢中になりすぎて中国で社会問題化しているスマホゲーム)。

私も高校生の時、ヒマなときはゲームしてたけど、あのころは『使命召喚』とか…

中国2ちゃんねる(百度貼吧)に出没した現地ファンが文字起こしをしていたのはここまで。この後も、全部で74分も生放送は続いている。

シェアする