北京BEJ48運営会社が第四回総選挙前から「裏特典」の運用を開始

北京BEJ48の運営会社関連の小ネタ。

このファンがもらしている不満は、今年のSNH48グループ第四回総選挙の前あたりから、北京BEJ48運営会社が、CDを一定数以上購入したファンが、劇場VIP室でメンバーと単独でおしゃべりできるという規則の運用を始めたとのこと。

ファンがメンバーと単独でおしゃべりできるのは、ファンクラブの「ダイヤモンド会員」の自分の誕生日の特典だけのはずで、CDを大量に購入すれば同じことが出来るという規則は公式に発表されていない。いわば「裏ルール」の運用が始まったらしい。

CDを何枚買えばいいのか、どれくらいのファンがすでにVIP室でメンバーと単独でおしゃべりできたのか、情報がいっさい公開されていない。「裏ルール」を独自ルートで知ったファンだけが、恩恵を受けることができるという、なんとも不透明な感じ。

北京BEJ48の運営については、最近あまりいい話を聞かないけれど、運営やCEOはどうでもいい。

とりあえずチームBが新しい全曲オリジナルのリハーサル中なので、そちらに期待。

シェアする