広州GNZ48チームGが去年の国慶節『私と私の祖国』放送事故を独自編曲版でリベンジ

広州GNZ48チームGが去年の国慶節で音痴すぎて盛大に「交通事故」を起こして、SNH48も知らない一般のネット民にも知られてしまった、愛国歌『私と私の祖国(我和我的祖国)』。

今日、2017/10/01(日)広州GNZ48三期生デビュー公演『アイドル研究計画』の最後に、チームGが登場して、なんと去年のリベンジに挑戦した。歌い始めで観客が大爆笑しているのは、ちょっと不謹慎かも(汗)。

去年、上海SNH48が歌ったのとは全く別の広州独自の編曲。こういうところでSNH48版をそのまま使わず、手を抜かないのがやっぱり広州GNZ48運営のすごいところ。

ただ、これで「交通事故」を避けられたのかはやや心配。結局、一般の中国人は舞台に立つタレントは全員完成品で、歌が完璧に歌える人だけが歌手になれるというのが「常識」。育成系アイドルという概念を持ってもらうには、まだまだ年数がかかりそう。

シェアする