広州GNZ48に脚の故障者が多い「都市伝説」にもう2人、サマー(陽青穎)、エイプリル(王偲越)

広州GNZ48になぜか脚のケガが多いという「都市伝説」が、まだ続いているらしい。

チームGのサマー(陽青穎)が公式アプリ「Pocket48」の「メンバーの部屋」で、2017/09/16に脚をひねって腫れがひどく、明日の公演に出られるかどうか分からないと書いた。

脚をひねった。

どんどん腫れてくる、どうしよう。

明日踊れないかも。

そこで代役として急遽出演することになったのが、チームZのエイプリル(王偲越)。

今晩はしっかりダンスの練習しなきゃ~

え?みんな何で知ってるの?

今日の明日だから頑張るよ~今晩は駝哥(訳注:楊可璐のこと)がいっしょにいてくれてる。

実は私もさっき知ったばかり。

夜のレッスン室は空調がなくて、暑くて死にそう。

うむむむ、やっと一曲目が終わった。

じゃあお休み。

最後の書込みは明け方の04:04、ほぼ徹夜でチームGの全曲オリジナル公演『双面偶像』の数曲の振り付けを覚えたことになる。

彼女が広州GNZ48結成一周年記念EP『I.F』で『たんぽぽの足跡(蒲公英的脚印)』のMVに抜擢された理由がよく分かる。

そして翌日、サマーの代役で『双面偶像』に出演。

↓一曲目『Hot 了 Day』で、中央がエイプリル。

↓最後のハイタッチ会では、エイプリルが先頭だった。

ところが、こんどはそのエイプリルが脚をケガしてしまう。

あっ!病院で寝てるときは必ず勉強するよ!

私自身の原因で、ダンスの先生とは関係ないから……

というわけで、広州GNZ48メンバーに脚の故障者が多いのは、何か原因があると思うのだが…。

シェアする