SNH48五期生チームXIIアキちゃん(劉增艶)劇場常連ファンの大量の幼稚なDMにキレる

上海SNH48グループだが、最近いちいちメンバーに説教しないと気がすまないファンが目立つようだ。

先日、二期生愛ちゃん(易嘉愛)が劇場カフェのソロライブに、チームメイトの新八期生・葛佳慧を呼ぼうとしたら、自分のファンが葛佳慧を総攻撃する結果になり、愛ちゃんがたまりかねて自制を呼びかける、ということがあった。アイドルよりファンが幼稚という状況。

こんどは上海SNH48五期生チームXIIアキちゃん(劉增艶)が、劇場の常連ファンにデマを流されたことに苦言を呈している。

アキちゃん:「劇場のコールの声が小さくなったと思ったら、誰かがデマを流してファンをやめた人がたくさんいたからなんだね……てっきり自分がブスだからと思った。」

アキちゃん:「ずっと黙々と私のためにしてくれたファンには感謝してる。いろんなことは言わなくても私はわかってる」

アキちゃん:「朝から晩までいつも劇場の常連が私にダイレクトメッセージを送って来るけど、そんなにご立派なら本でも出せばいいんじゃない、あははははははははは、あなたの文才を見てあげるよ」

(訳注:次の文は意味がわからなかった)

ファン:「君を信じてる、でも…」

アキちゃん:「でも、も何もない、劉增艶劉增艶、おやすみなさい」

今日起きてから、昨日よりたくさんダイレクトメッセージを受け取ったよ。

劇場の流言飛語のことや、誰々のせいでみんな私のファンをやめるとか、コールが小さくなったのは劇場の客の入りが悪くなっただけだとか、私の頭がおかしくなったとかという意味不明なメッセージ。もっと意味不明なのはファンによって私の対応が違うとか。

私はファンのヘッド?それとも常連ファン?私にこんなことを言ってきて何なの?

私が言いたいのはこれだけ:今日のレッスン量はたくさんあるから、しっかり頑張る。ダイエットも続ける。時間を作って歌を録音する。

また私のファンの間のことであれこれ言ってくる人がいたら、数日間ダイレクトメッセージをクローズするわ。アイドルが専念すべきなのは自分自身でしょ。

日本の48系のファンがどうなのかは分からないけれど、最近、こういう子供っぽい現地ファンが目立つ。

あえて原因を探せば、日本のアイドル文化は1970年代以来なので、男性が女性アイドルを追っかけてもヘンな目で見られない。

一方中国では女性が男性アイドルを追っかけるのは普通だが、男性が女性アイドルを追っかけるのはいまだにヘンな目で観られる。

ということは、現地男性ファンは、ヘンな目で見られても気にしない男性か、自分がヘンな目で見られていることにそもそも気づけない男性か、どちらかになる。

メンバーに意味不明のダイレクトメッセージを送るのは、後者だろう。自分のしていることがおかしいと気づけないほど、自分のことしか見えていないタイプ。

いずれにせよ、中国の女性アイドルの男性ファンが社会的に認知され、個人としても成熟するのを待つしかなさそうだ。女性アイドル本人は、ファンよりもすでに「大人」なので。