広州GNZ48 4th EP『SAY NO』から『蠢蠢』MVリリース、さわやかな百合曲

広州GNZ48が4th EP『SAY NO』から、ルームメイトどうしの友情をテーマにした楽曲『蠢蠢』のMVをリリースした。心洗われるような美しいMV。

同時に、いままでのSNH48グループにはなかった、明るい百合曲。

SNH48がカバーしてきたAKB48楽曲『禁じられた2人』『おしべとめしべと夜の蝶々』はともに百合曲だが、背徳的な暗さがある。

対してこの曲は、仲良しルームメイトどうしのスイートで、ギリギリ恋愛ではない友情をさわやかに歌っている。

この曲のタイトル『蠢蠢』だが、「蠢」一文字で「バカ」の意味。悪口ではなく、ちょっと頭の抜けた可愛らしいおバカさんというニュアンス。

それを二つ重ねることで、さらに可愛い感じを出している。ここでは仲のいいルームメイトがお互いを「バカ!」と呼び合っているイメージ。MVを見るとそのニュアンスはよく伝わってくる。

この曲、ある意味ものすごくベタな日本のアイドルポップス風の楽曲で、現地GNZ48ファンの評判はいいようだ。ただ、ブリッジのDメロで、リズムが突然はねるたり、よく聴くと凝った編曲になっている。

このMVも、さすが広州GNZ48映像制作部と言わせるクオリティー。

広州市内・近郊でロケをした低予算MVだけれど、画面を左右に分割するカットでいろんな画面構成上の工夫があり、ポストプロダクションの青みがかった「日本のMVっぽい」色あいの調整も完璧。

ハナちゃん、キツネちゃんのカップリング以外は、衣装の色が、緑、黄色、青とそろっている。

細かいけれど、このMVの歌詞の字幕が、大陸で一般的に使われる簡体字ではなく、香港・台湾で使われる繁体字になっている点に注意。やっぱり広州GNZ48は香港、台湾と、南へ進出していく意向があることが分かる。

SNH48のゴタゴタで疲れてしまった人は、いったん広州GNZ48ファンになってみるのが良いかもしれない。

広州GNZ48公式アカウントから、このMVの画像集を転載。さわやか!以下、メンバー名は左から。

↓チームGキツネちゃん(高源婧)、ハナちゃん(謝蕾蕾

↓ハナちゃん、キツネちゃん

↓MVに出てくる「落書き」はキツネちゃんと、ハナちゃんのこと。


キツネちゃんは現地のあだ名が「小狐狸」で文字どおり「キツネちゃん」だが、ハナちゃんは現地ではハナちゃんと呼ばれておらず、本人が日本語でつけたあだ名。

なので、実は上の「落書き」の花の部分は、ハナちゃんの「ハナ」が日本語の「花」だと分かる中国人でないと分からない。要するに、日本人向けなんです。

↓チームG CK(陳珂)、チームNIII Kimmy(鄭丹妮)。

この2人は広州GNZ48の宿舎で、実際にルームメイト。現地ファンの間ではどっちが「攻め」でどっちが「受け」かは意見がわかれるところ(汗)。

CKはSNH48五期生からの移籍組、KimmyはSNH48六期生からの移籍組だし、年齢もCKの方が上なので、ふつうに考えるとCKが「攻め」だが、逆に考える萌え方もあり、上図でKimmyがCKのあごを上げているのも、Kimmyが「攻め」っぽく見えて、良い。

↓チームNIIIの副キャプテン・チェンチェン(劉倩倩)、キャプテン・ミッフィー(劉力菲

この2人は普段の活動でからむことはほとんどないが、安定した「ダブル劉」コンビ。

↓こちらはMVに登場する、文字どおり「ミッフィー」の腕時計。

↓今回のMVに登場する4組の「ルームメイト」

↓CK、Kimmy。奥のKimmyはピントが合っていないが、ウクレレを持ってナゾの微笑み(笑)

↓ミッフィー、チェンチェン。

↓チームZからのカップリング。ワンツー(王秭歆)、くーくー(楊可璐

この2人のカップリングは、たぶん現地GNZ48ファン的にも初めてだったはず。

チームZ、つまり広州GNZ48一期生で、ワンツー(王秭歆)はある程度注目されていたけれど、くーくー(楊可璐)は今回の新公演『コード林和西』で選抜の16人に抜擢され、このMVにも出演するなど、最近、急に運営会社がプッシュしているメンバー。

じつは公演のネット生放送では、くーくーがアップになると「この子誰?」という弾幕コメントがよく流れてくる。広州GNZ48の運営会社はネット生放送のコメントをよくチェックしているようだ。

↓くーくー、ワンツー

さわやか!アイドルは、こうでなくちゃ。