広州GNZ48チームZの2017/09/16(土)重大発表二つ「中泰Phone」リリース

昨日2017/09/16(土)広州GNZ48チームZのお下がり全曲オリジナル公演『コード林和西』2日目の公演終了後、二つの重大発表があったが、二つめは誰も想像しなかった展開になった。

一つめは現地ファンの予想どおり、キャプテン・ナイピン(農燕萍)、副キャプテン・ルイツ(龍亦瑞)の発表

↓花束を持っている左が副キャプテン・ルイツ、右がキャプテン・ナイピン

ナイピンは靭帯損傷でしばらく公演をお休みしていたが、先週の『専属派対』ですでに復帰していた。ムリしていないかが少し心配。

そして誰も予想していなかったもう一つの重大発表が、チームZとして初の全曲オリジナル公演『三角関数(三角函数)』の2017年年末上演の発表。

この新公演の発表の前に、広州GNZ48運営会社らしいネタが入っていた。

ちょうどアップル社iPhone Xの発表直後だったが、これはアカンやつや(笑)。

ただその後の新公演『三角関数』の説明で、このiPhoneネタがしっかり引き伸ばされていた。

製品特徴

1. 全く新しいCPUと新しい操作感のOSで、全く新しい楽しみ方ができます。
2. 16人曲の性能は300%向上、ユニット曲の性能は400%向上。
3. 性能は向上しますが、厚さは変わらず、公演の長さも変わりません。
4. ディスプレイ性能は、衣装部および映像制作部は一貫した作風を維持し、継続的なバージョンアップをします。
5. 初の開発者バージョンをリリースします。
6. チケット価格はVIP 168元、普通席 80元、立ち席 80元、オンライン生放送は無料。
7. リリース地域は、全世界同時リリース。
8. 皆様公式アプリPocket48、およびGNZ48 WeChatとウェイボー、公式サイト、メンバー個人ページの情報にご注目下さい。

この中に一つわかりづらいネタが隠れている。「厚さ(厚度)」はスマホなら性能が向上しても厚さは変わらないという意味だが、現地ネタで「厚度」は胸の大きさという意味でも使われる。つまり、新公演になっても…という意味。

そして現地ファンもよく分からないのが「開発者バージョン」が何を意味するのかという点。

いずれにせよ、これで広州GNZ48は、チームNIII『第一人称』、チームG『双面偶像』、チームZ『三角関数』の、一、ニ、三と全チームがGNZ48独自の全曲オリジナル公演に移行することになる。

一方の北京BEJ48はチームBがまだベスト曲公演『十八の輝く瞬間』、チームEだけBEJ48独自の全曲オリジナル公演『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』。

チームJはこの記事を書いている今日2017/09/17(日)に、上海SNH48チームNIIのお下がり公演『専属派対』が千秋楽を迎えるが、この後ベスト曲公演『君のことが好きだから(因為喜歓你)』に入るので、広州GNZ48にかなり水を開けられてしまう。

やはり広州GNZ48運営会社のユーモアのセンスと運営のスピード感はすごい。心配なのはこの怒涛の攻勢にメンバーの体がついていけるかどうかだろうか。

シェアする