瀋陽SHY48運営会社が立てつづけに地味なイベント企画を立ち上げ

瀋陽SHY48運営会社が短期間にいろんな企画をやりまくっているようだ。

まずは、結成当時からやっている「棒棒糖計画(ペロペロキャンディー計画)」。

瀋陽市の大学でミニライブをして、そのチケットを瀋陽中街の街頭でペロペロキャンディーを通行人に配ってプレゼントするという企画。今回もキャンディーを配るのかどうかは不明。

瀋陽化工大学は「棒棒糖計画」で二度目。今回は2017/09/15現地時間20:00に、同校設立65周年、および、新入生歓迎パーティーにゲスト出演するようだ。(中国の新学期は9月)

参加メンバーは全員チームSIII、馮譯瑩付紫琪關思雨菅瑞靜劉嬌賴梓惜秦璽孫敏王詩蒙葉錦童楊允涵臧聰鄭詩琪

現地ファンからは、結成当初にやっていたこの「棒棒糖計画」って効果があったんだろうか?というツッコミが入っている。

ここからは2017/09/11~09/14のたった4日間に発表された、怒涛の企画3本。

↓これは「瀋陽SHY48東北弁ミニレッスン(SHY48東北話小課堂)」という自主制作バラエティー番組。

チームSIIIから、賴梓惜韓家樂王詩蒙趙佳蕊、チームHIIIから、張儒軼張羽涵李晴王菲妍が出演。

現地ファンの中には、東北地方出身でないメンバーに無理に東北方言をしゃべらせてネタにするのは、東北出身者としてはあまり気分が良くない、という意見もあるようだ。

瀋陽SHY48の制作なのでクオリティはあまり期待できないけれど、どんなものが出来上がってくるだろうか。

↓次に劇場でのイベント「覆面歌手は誰でしょうね(蒙面歌手猜猜猜)」

メンバーが顔を隠して歌を歌って、ファンが誰かを当てる企画らしい。たぶんメンバーのファンならすぐ分かってゲーム終了、誰も分からないなら分からないで、どっちにしてもかなり気まずい雰囲気になりそう。

↓こちらも劇場でのイベント。メンバーがその場でアニメや映画に声を当てるアフレコ大会。

参加メンバーはチームSIIIチーシー(秦璽)とラーラー(劉娜)。「プロのようなお手本になるか、抱腹絶倒の大爆笑になるか」という紹介文。

↓最後に「星夢図書館(星夢悦読)」。

「星夢」はSNH48グループの劇場名「星夢劇院」のこと。「悦読」は正しくは「閲読」だが、「閲 Yue」と「悦 Yue」のダジャレで「楽しく読書」的なニュアンス。

この企画は、瀋陽SHY48メンバーがおすすめの愛読書を、毎週不定期で劇場のカフェに置いて、ファンは無料で読めるよ!しかも本の中にメンバー直筆の感想文が書いてあるよ!というもの。

第一弾はチームSIIIフェイフェイ(盧天慧)が旅行ガイドブック『Lonely Planet』を星四つでおすすめするらしい。

うむむ。この企画も微妙。現地ファンのコメントで、誰かが持ち去るんじゃないかというツッコミがあったが、確かにそのメンバーのファンでも何でもない誰かが持ち去って、ネットショップで売り出さなければよいが…。