広州GNZ48チームZサークル(楊媛媛)チームのために一年休学へ

広州GNZ48のなかでも苦戦中のチームZだが、人気メンバーの一人、サークル(楊媛媛)が休学してアイドル活動に専念すると宣言した。

新公演『コード林和西(代号林和西)』が始まる直前という時期もあって、チーム全体のために覚悟を決めたようだ。

『専属派対(僕らだけのパーティー)』が完璧に幕を下ろしたけど、ユニット全曲制覇できたから心残りはない。人が何と言おうと、Team Zは私にとっていちばんすごいチーム。私にたくさん感動と収穫を与えてくれた。

チームZのためなら何でもするつもり。何をするにしても恐れない。ためらいがちな自分自身も恐れない。以前のことを思い出しても恐れない。未来に面と向かっても恐れない。

世界中がもうあきらめたと言っても、固い決意で自分に言い聞かせる、もう一度やってみよう!もう一度賭けてみよう!

手の中にあるものを手放さなければ、同じようなものしか持つことしかできない。思い切って手放せば、もっとたくさんの選択肢とチャンスを得られるでしょ。

だから私は学業をあきらめることを選ぶ。

ずっとみんなに正面から答えられずに、ファンのみんなを失望させてごめんなさい。私はチームZは一人でも欠けてはダメだと深く知っているから。でもこれは決して音楽をあきらめるとか、自分の初心をあきらめるということじゃない。

進む道さえ正しければ、いくら遠くても恐れることはない。だからこの道をゆっくりでも歩んでいく。みんなに感謝してる。変わらず私についてきてくれる人、新公演の新たな始まりの新しい私に、新しい道のりについてきてくれてありがとう。

みんなと知り合えてとてもうれしい。あらためて初めまして。宜しくお願いします。

自分の年齢が若くないことは分かってる。みんなが私に復学してほしいと思ってることも知ってる。

でもいろんな要素が、自分のためだけじゃなくて、グループのためでもある。それからあんなにたくさんのメンバーが、時間をムダにしたくないという思いで努力してる。

私の望み、私の責任はすべて私自身に言い聞かせた。もう一年休学してもきっと大丈夫。

シェアする