AKB48がTPE48と最悪のタイミングで中国ツイッター本格始動

今日2017/09/01、AKB48姉妹グループTPE48のオーディション正式始動、阿部マリアさんのTPE48移籍発表。

同時にAKB48グループのメンバーがいっせいに中国ツイッター(新浪微博)を開始しています。

こちらのAKB48公式アカウントをフォローしておけば状況は把握できます。
AKB48公式アカウント

今のところ把握できたのは下記の皆さん。

松井珠理奈さん
須田亜香里さん
古畑奈和さん
高柳明音さん
小畑優奈さん
惣田紗莉渚さん
横山由依さん
柏木由紀さん
峯岸みなみさん
岩立沙穂さん
佐々木優佳里さん
田北香世子さん
北原里英さん
秋吉優花さん
兒玉遥さん
朝長美桜さん
田中美久さん
宮脇咲良さん
指原莉乃さん

ただ、今回AKSがTPE48本格始動と中国大陸でメンバーの中国ツイッターの本格始動のタイミングを合わせたのは失敗です。

中国大陸では「台独(台湾独立)」を少しでもにおわせるのは、政治に無関心な一般市民でも避けたいことです。

ビビアン・スー(徐若瑄)がいまだに中国大陸でまともに活動できないのはその一例です。以前、記者会見の発言で「台独」と誤解されたためで、一発退場のレッドカードです。

もちろん今いる中国大陸のAKB48ファンは忠実で、SNH48グループを「野鶏団」と見下しているくらいなので、今回のAKSの失敗など気にしないでしょう。

しかし、いまや上海SNH48はふつうに中国中央電視台に出演しています。一般の中国の若者があえて台湾のTPE48や、同時に本格始動したAKB48の新たなファンになることはやりたくても非常にやりづらくなりました。

たとえばTPE48オーディション期間中で、中国大陸の国慶節を避けたタイミングの9月中旬や、オーディションが終わった10月中旬など、台湾との連想が働かない時期に中国ツイッターを本格始動させるべきでした。

AKSがどうやって今回の失敗を取り返すか見守りましょう。

シェアする