上海SNH48ドバイMV撮影と中国版『mina』買収と復星集団が三亜に開業のリゾートと関係あるかも説

上海SNH48グループ第四回総選挙コンサートのとき、重要な発表がされていたことに気づいていなかった。SNH48運営会社が中国版『mina』を100%子会社にしていたようだ。

そして今回、第四回総選挙TOP17~32位メンバーがドバイにあるアトランティス・ザ・パームホテルの協賛でMV撮影する点も、中国企業の同ホテルへの出資と関係があるのでは、と現地ファンが推測している。

まずSNH48運営会社の中国版『mina』100%子会社化の元記事はこちら。といっても中国のニュースは例によって同じニュースが複数サイトに転載されまくるので、その一つ鳳凰網から。

「SNH48 GROUP第四届偶像年度人气总决选落幕 鞠婧祎问鼎年度人气王」2017/07/31 10:03

この記事のいちばん下に次のような部分がある。

「并购米娜女性时尚媒体,丝芭传媒 打造亚洲最大规模的全方位立体化造星平台」、日本語試訳すると「『mina』女性ファッションメディアを買収、絲芭伝媒はアジア最大規模の全方位立体化スター製造プラットフォームを設立」。

ただ、日本の主婦の友社のウェブサイトには何も書かれていない。中国版『mina』は主婦の友社独占授権で発行されていたようだ。主婦の友社が中国版発行のために現地法人を設立していて、それをSNH48運営会社が100%買収したということだろうか?詳細はまったく分からない。

中国版『mina』はこちらの主婦の友社の公式資料によると、中国で発行部数127万部とのこと。SNH48運営会社は、日本系ファッション誌でかなり影響力のある媒体を手にれたことになると思うのだが。

いずれにせよSNH48メンバーが『mina』に登場するのは、今後は単にSNH48自身が運営するファッション誌に登場するだけ、ということになる。

そして今回、ドバイのアトランティス・ザ・パームホテルでのMV撮影が、同ホテルの協賛であることも、中国企業の同ホテルへの出資がらみかもしれないとのこと。

「复星110亿投资中国版”亚特兰蒂斯” 盈利能力不被看好」新浪財経 2016/05/30 09:04

アトランティス・ザ・パームホテルが2017/10に中国の三亜にリゾートホテルを開業する計画について、中国の復星グループが110億人民元(約1,800億円)を出資するという、去年2016/05/30のニュースだ。建築総面積は53万平米、ホテルだけでなくテーマパークなども含むプロジェクトらしい。

確かに、2017/10の開業をひかえたタイミングで、SNH48運営会社がドバイの本家アトランティス・ザ・パームホテルで、同ホテル協賛でMV撮影するというのは、話が出来すぎかも。復星グループが三亜で開業するアトランティスホテルの国内向けPRの一環として、SNH48がMVを撮影することはあるかもしれない。

復星グループは、クラブメッド、星野リゾートトマムも過去に買収している。そういう会社とSNH48運営会社が中国国内リゾート開発で提携している。やはりSNH48運営会社は、すでに日本のAKSと企業として全く別物になっている。

つまりSNH48運営会社は、広範なエンタメ・コンテンツを提供する多角化経営の企業グループを目指していて、アイドルグループ運営事業はそのうちの単なる一事業ということだ。

SNH48第四回総選挙TOP17~32位のドバイ撮影MVは、そういう事情も噛みしめながら見ると、味わい深くなるかもしれない(←どこが)。

シェアする