広州GNZ48チームG全曲オリジナル公演『双面偶像』『Winkend』歌詞日本語試訳

広州GNZ48チームG全曲オリジナル公演『双面偶像』から、タイトル曲の『双面偶像』と、最終曲『Winkend』の歌詞を日本語試訳。

『双面偶像』はユニット曲が7曲もある異例のこの公演のユニット曲の真ん中、4曲目で、じっさいには16人による全員曲だが、鏡のこちらと向こうが対になって「8人のユニット曲」という深~い意味のある(笑)曲。

『Winkend』はタイプミスではなく「weekend」と「wink」の造語。直前の『Gravity』という非常に重苦しく壮大な曲の後、公演の最後にふさわしい軽やかでさわやかな曲。

双面偶像

在这舞台奋力那个我
相信拼命总有个人会懂
台下努力掩饰的那个我
呼吸有时候变的微弱
梦里呼救梦醒就过
冷嘲热讽不断交替
字字话语刺进心底
天使恶魔的交战不曾停歇
谁会在乎我

この全力でこの舞台に立つ私
努力は必ず分かってもらえると信じ
舞台裏の努力を隠す私
呼吸はときに弱まり
夢で助けを叫んで目覚める
絶え間ないあざけりと皮肉
心に突き刺さる言葉たち
いまだ止まない天使と悪魔の戦い
誰も私に構ってくれない

黎明前的曙光指引着
通往目标的航向前进退后
没有一种选择叫作停留
现实虚拟不断交错
有谁能真正看得懂
华丽言语背后潜在规则
都不愿说破

夜明け前の光に導かれ
目標に向かい 進むか退くか
とどまる選択肢はない
虚実が絶えず交わり
誰に本当は分からない
華やかな言葉の裏のルールは
打ち明けたくない

与天使同活或与撒旦一同成魔
怎么选择终究不能说
让这秘密陪着我到最后
或许华丽也或许残破
这结局不是谁要定夺就能够左右
多少人躲在镜子背后

天使と生きるかサタンになるか
結局は言えない選択
最後まで抱えたその秘密
華やかさかボロボロになるか
結末は誰にも左右できない
何人が鏡の後ろに逃げるだろう

另一个我藏匿在身后
只有他最明白
人心才是诡诈的花朵
暗潮汹涌无法掌握
前行航向谁来掌舵
心焦急如火却不能说
犯错的不该是我
或许选择还会有很多
决定了以后就不再退后
为我自己自食其果不再畏缩

背後に隠したもう一人の私だけが
いちばん分かっている
人の心はずる賢い花
暗がりの波に翻弄され
誰も船の舵をとらない
心は焦るけれど言えない
私の過ちのはずがないと
選択肢は多いかもしれないけれど
決めた後はもう退けない
自業自得でももうひるまない

与天使同活或与撒旦一同成魔
怎么选择终究不能说
让这秘密陪着我到最后
或许华丽也或许残破
这结局不是谁要定夺就能够左右
不知谁能微笑到最后

天使と生きるかサタンになるか
結局は言えない選択
最後まで抱えたその秘密
華やかさかボロボロになるか
結末は誰にも左右できない
誰が最後に微笑むのか

Winkend

抬头仰望这星光闪亮亮
这就是梦想 停留的地方
低头看脚下的海浪
多疯狂 勇敢
无畏地自由奔放
许下愿望 想在此刻就让我们
一起大声唱
别遗忘 别去隐藏
心中 最深处的 渴望
用幸福收场

見上げれば星が輝き
そこが夢のとどまる場所
うつむけば足もとに波
夢中になって 勇気を出して
恐れず自由に
願いをかけよう いまここで
いっしょに大声で歌おう
忘れないで 隠さないで
心のいちばん奥の願いを
幸せなエンディングで

总期待与你 相视的 瞬间
温柔互相凝视 俏皮地 眨眼
不需要说话 幸福就在眼前
悸动的 每一天
偶尔疲累 忘了 飞翔
就奔向 海洋 放肆地 徜徉
变成鱼也无妨 自由地 游荡
随心所欲流浪

待ち望んでる 目と目が合う瞬間
優しく見つめ合い おどけてまばたき
言葉はいらない 幸せは目の前
ドキドキする 毎日
疲れたら 忘れて翔び立とう
海へ駆け出し あてもなく歩こう
魚になって 自由に泳ごう
思うまま旅しよう

多么感谢 你给我 的力量
多么感谢 你一直 在身旁
学习坦然 学习成长
把彼此放心上
脚步缓慢坚强

ありがとう 君がくれた力
ありがとう 君がいてくれること
素直なまま 大人になって
おたがいを愛して
ゆっくり力強く歩もう

シェアする