上海SNH48第四回総選挙の圏外転落組:SNH48チームHII三期生が低迷(2017/07/31更新)

今回のSNH48グループ第四回総選挙について、ちょっと意地が悪いけれど、第三回は圏内(48位以内)だったが今回圏外(66位外)になってしまったメンバーに注目。

ちなみにSNH48グループ総選挙は、速報、中間、最終の3段階で発表される。

SNH48一期生ワンワン(邱欣怡):
応援会が2017/06/16 22:30のツイートですでに組織票をとりまとめないと発表、予想通りの結果。

SNH48二期生じゅうなな(龔詩淇):
応援会が2017/06/27 23:42のツイートですでに組織票をとりまとめないと発表、予想通りの結果。

SNH48三期生チームHIIゆーちゃん(劉佩鑫):
昨年最終票数は14,571.7票、今年は速報で2,345.1票、中間で圏外。チームHIIは厳しい結果。

SNH48三期生チームHII 王璐陳怡馨は2人とも退団済み。人気メンバーを失ってチームHII全体が停滞ぎみ。

SNH48三期生チームHIIではナナコ(張昕)が総選挙前、一期生momo(莫寒)司会で運営自主制作の対談バラエティー『莫莫有聞』に、人気があるのに一度も圏内に入っていないメンバーとして出演したが、今回も圏外という皮肉な結果。

SNH48四期生チームX CoCo(邵雪聰):
第2回19位、第3回44位、今回は圏外。当初はチームXのトップメンバーだったが意外な低迷。

北京BEJ48チームBシャンバオ(孫姍):
前回は北京BEJ48では第2位、全体ではギリギリの48位。今回の圏外はやむを得ないと言える。

以上、一見チームHIIの低迷が目立つが、逆に五期生リッチ(袁航)、七期生Yoki(袁一琦)、五期生ミャオミャオ(沈夢瑤)は初の圏内。三期生グーグー(郝婉晴)は圏内返り咲き。

六期生ジェニー(孫珍妮)は前回21位、今回22位と安定。

その他チームHIIはモンスター(劉炅然)、メンヤン(許楊玉琢)、Miyo(楊惠婷)、ニーズ(謝妮)とも大きく順位を落とした。

要するにチームHIIのうち三期生で健闘したのはグーグー(郝婉晴)のみという、三期生の低迷が顕著。

ところがチームHII新公演『Beautiful World』のユニット曲『関不掉』『天使の罠(天使的圈套)』は他チームのメンバーにも人気。公演楽曲には恵まれているが、メンバーのチームHII三期生は人気が低迷。原因は何なのだろう?

現地ファンがおもしろい計算をしていた。姉妹グループ移籍組ふくむSNH48一期生~五期生の圏内に入った率。

一期生 12人9人 入圈率75%
二期生 19人15人 入圈率79%
三期生 16人6人 入圈率38%
四期生 15人9人 入圈率60%
五期生 34人13人 入圈率38%

上海SNH48チームHII三期生の苦戦、同チームXII五期生の苦戦、広州GNZ48チームGの苦戦がすべて現れている。

*)2017/07/31 上海SNH48チームHIIの苦戦について、現地ファンから内部情報を頂いたのでご紹介。

去年の第三回総選挙で、30位ニーズ(謝妮)、34位Miyo(楊惠婷)、41位ルーシー(王璐)に最も多く投票したファン、いわゆる「単推王」はじつは同一人物だった。ところがチームHII三期生のルーシー(王璐)、ドゥードゥー(陳怡馨)が退団し、このファンは広州GNZ48チームGのsoso(張瓊予)のファンになった。その票数減を計算に入れると、じつはMiyo(楊惠婷)は大健闘しているとのこと。

またユーちゃん(劉佩鑫)は総選挙の投票期間が始まる前、誕生日特別公演(いわゆる生誕祭)で「今年の夏はもう終わった」と話し、自ら総選挙への積極的な参戦をあきらめていたようだ。なので今年圏外なのは予想どおりとのこと。

ナナコ(張昕)はそういった特殊事情がないので、残念ということになる。チームHIIは全体としてガツガツしていないのも原因の一つでは?と、情報を頂いた現地ファンは話している。

以上、チームHIIについての補足でした。