上海SNH48グループ第四回総選挙結果の個人的なまとめ

上海SNH48グループ第四回総選挙、過去全4回の速報、中間、最終の票数は下記ページにすべてまとめてある。

http://snh48.info/election/

以下、個々のメンバーではなく結果全体について感じたこと。

1) 上海SNH48一期生momo(莫寒)が8位になり、TOP7のいわゆる「神セブン」がすべて二期生チームNIIに。

2) 逆に上位16名入りした一期生は、去年の5名から7名に増えて一期生の底力を見せた。

3) 姉妹グループのうち北京BEJ48チームBキャプテンのいーしゃん(段藝璇)が13位と驚きの選抜入り。

4) 下位の票数は去年と大差ないが、上位の票数が大きく増加。たとえばTOP7名は以下のとおり。

1位 キクちゃん(鞠婧禕)+4.7万
2位 カチューシャ(李藝彤)+9万
3位 テテちゃん(黃婷婷)+3.5万
4位 ななし(馮薪朵)+4.5万
5位 リサ(陸婷)+5.5万
6位 ルーリー(曾艳芬)+2.3万
7位 Akira(趙粵)+4.3万

5) ただし上位メンバー票数の「寡占化」が進み、姉妹グループ(北京BEJ48、広州GNZ48、瀋陽SHY48)のメンバーが日本のAKB48姉妹グループのように上位に食い込めない。要するに全体として面白くない。

以上が結果全体についての主要な感想。

個々のメンバーについては、後日、今回66位以内に入れなかったメンバーを中心に調べてみたい。

あと、個々のメンバーでは、今日2017/07/29が誕生日の二期生チームSIIスリー(孫芮)が、初の圏内で18位という好順位、本人にとって大きなサプライズになったはず。

上海SNH48五期生シャンシャン(姜杉)が32位から19位、得票数も2倍で大躍進は、スキャンダルが有利に働くパターン。

上海SNH48三期生、「文豪」チャーチャー(張雨鑫)が初の圏内で20位の好順位。

個人的にファンの広州GNZ48チームNIIIキャプテン・ミッフィー(劉力菲)が、広州GNZ48の第1位、かつ全体順位も23位と大健闘。広州GNZ48の第1位は誰もがチームGハナちゃん(謝蕾蕾)と予想したはず。

他はおいおい書きます。