北京BEJ48チームEが中国中央電視台CCTV15『2017アニメ音楽会』に出演、そしてネギ振り初音ミクの謎

SNH48と姉妹グループが中国中央電視台の番組に出ても、もう驚かなくなった、ということは何度も書いているけれど、今回はCCTV15音楽チャンネルに北京BEJ48チームEが出演。チームEは上海SNH48六期生からの移籍組がメイン。

『2017アニメ音楽会』という特番で、どちらかというと子供向け。チームEが歌っている『魔力四射』という曲は、さすがそこは中国中央電視台、『宝狄与好友』という中国産子供向けアニメ(深センで制作)の主題歌らしい。

中国中央電視台CCTVの番組でさすがに日本のアニソンは歌わないし、まあ何でも中国産になるよな…

…と思ったら大間違い。CCTV15音楽チャンネルの中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントの、この番組の告知ツイートを見てみると…。

あれ?真ん中の図が…。

えぇぇぇーっ!?なぜネギ振り初音ミク!?

これは本当に中国中央電視台CCTV音楽チャンネルの公式アカウントのツイートです。もしかして中の人に初音ミクのファンが!?

この『イエヴァン・ポルッカ』は中国の若者の二次元クラスタの間では「甩蔥歌」で通じるようだ。文字どおり「ネギ振り歌」(爆)。

なおこの同じ番組には、台湾出身の女性チェリスト歐陽菲菲も出演。彼女のおばさんはオーヤン・フィーフィー(歐陽菲菲)で、つい先日、湖南衛星テレビ超人気バラエティー『快楽大本営』20周年記念番組では、上海SNH48メンバーと共演している。

それからこのツイートにある画像の左上は、広州の48系女性アイドルグループ「1931」。SNH48の結成からほんの少し遅れて結成され、48系と同じく自前の劇場で定期公演を行い、総選挙もあるアイドルグループ。

SNH48よりははるかに規模が小さく、楽曲や舞台演出、舞台衣装のクオリティも正直言って低い。でも「1931」もCCTVに出演するようになったのかぁ。中国大陸で48系アイドルグループというスタイルは、確実に認知されつつあるようだ。

シェアする