SNH48初の全曲オリジナル公演『心の旅程』を上演するチームがなくなった歴史的な日

昨日広州GNZ48チームGが全曲オリジナル公演『心の旅程』千秋楽を迎えた。また一つ、SNH48グループにとって「歴史的」な日と言えるかもしれない。

このSNH48グループとして初めての全曲オリジナル公演を、姉妹グループ含めて上演しているチームがいなくなったからだ。

せっかく『支え』でメンバーが涙を流して感動的になったのに、最後の方はかなりグダグダなことになっているけれど(笑)。

広州GNZ48チームGの次の公演がどうなるのか、非常に楽しみ。

この『心の旅程』公演を最初に上演した上海SNH48チームSIIは、すでに2つめの全曲オリジナル公演『第48区』を始めている。

つぎに『心の旅程』を上演した北京BEJ48チームBは、新公演までのつなぎのベスト公演『18の輝く瞬間(十八個閃耀瞬間)』を開始している。

そして昨日、広州GNZ48チームGは『心の旅程』千秋楽を迎えた。

瀋陽SHY48チームSIIIはデビュー以来『心の旅程』公演を上演していたが、すでにベスト公演『天才少女日記』を始めている。

上海SNH48チームSIIの『心の旅程』初日は2016/05/20、そこからたった1年2か月で、このSNH48グループ初の全曲オリジナル公演がすでに過去のものになってしまうスピード感。

広大な中国で姉妹グループを展開しつつ、つぎつぎ新しい全曲オリジナル公演を生み出すこのスピード感は、日本企業ではムリ。

シェアする