SNH48グループ劇場外のお仕事、まとめて3つご紹介

上海SNH48グループの劇場外のお仕事について、3つまとめてご紹介。

上海SNH48運営会社の映像制作子会社「Studio48」が撮影していた、『有言在仙』というネット映画がクランクアップした。「Studio48」の2017/06/11 16:15のツイートに書かれている。

この撮影には、北京BEJ48チームEライチ(李梓)、同チームEの陳倩楠(チェン・チェンナン)、同チームEキャプテンの李想(リー・シャン)、チームJのルールー(黃恩茹)が参加していた。

とくにチームEの主力メンバーが3人も参加していたので、チームE全曲オリジナル公演『奇幻加冕礼(ティアラ・ファンタジー)』公演はここ数週間、ややパワーダウンしていたが、ようやく定常運転にもどりそう。

↓北京BEJ48チームEキャプテン 李想(リー・シャン)の大人っぽい魅力

↓同チームE ライチ(李梓

↓こちらもライチ(李梓)。ドラえもんTシャツ(笑)


↓チームE陳倩楠(チェン・チェンナン)、いつもながらクールで男前。

↓ライチ(李梓

↓左が李想(リー・シャン)、右が北京BEJ48チームJ ルールー(黃恩茹

↓北京BEJ48チームJ ルールー(黃恩茹

このネット映画は恋愛コメディー漫画の映像化とのこと。筆者はたぶん観る時間がないけれど、中国語字幕つきと思われるので、お時間のある方はぜひ。

次に、『恋愛脱線時』というネットドラマは、逆にクランクイン。

こちらは上海SNH48から二期生シャオスー(林思意)、一期生マネー(錢蓓婷)、四期生・天草(王曉佳)、一期生シャオアイ(陳觀慧)が出演とのこと。

シャオスー(林思意)はネットドラマ『擇天記』の出演ではずみがついて、女性俳優として活躍の道が本格的に開けた感じ。

一期生マネー(錢蓓婷)、四期生・天草(王曉佳)、一期生シャオアイ(陳觀慧)の3人は、女性俳優の仕事は今回が初めてだ。

3人に新しいチャンスが与えられたのは、とても素晴らしいことで、これをきっかけにさらに活躍の幅が広がることを期待したい。

3つめは、深セン衛星テレビの大型リアリティーショー『極速前進』第4シーズンに、上海SNH48二期生リサ(陸婷)、三期生メンヤン(許楊玉琢)が出演とのこと。

同番組には以前、上海SNH48二期生テテちゃん(黃婷婷)、スリー(孫芮)が出演している。このときの出演は、同シーズンに出演していた中国バラエティー界の人気司会者・金星に、SNH48の存在を覚えてもらったという意味で、非常に大きな意味が合ったと思う。

先日放送の『金星ショー』に、一期生ダイモン(戴萌)と、テテちゃん(黃婷婷)、スリー(孫芮)の3人が出演したが、金星は『極速前進』で共演した2人のことを覚えていて、番組内でもとても好意的に受け入れてもらっていた。

しかもその放送回の前半の金星のスタンドアップのテーマも「育成系アイドル」と、いよいよSNH48のようなアイドルのスタイルが中国でも認知されてきたかな、という印象。

この『極速前進』は、世界中を飛びまわるとにかくスケールの大きな番組で、今シーズンの視聴率も良いと思われる。SNH48の名前がさらに中国の一般家庭にも広まること間違いなし。