広州GNZ48元SNH48五期生が北京BEJ48ベスト曲公演に出演して旧SNH48チームXIIが復活する「神」企画

北京BEJ48チームB、広州GNZ48チームG関連で大事なニュースを書き忘れていたので、ご紹介。

まず北京BEJ48チームBが、これまで上演していた上海SNH48チームSIIの全曲オリジナル公演『心の旅程』の千秋楽を迎えた件。

これは重大な事件。2016/05/20上演開始した、SNH48グループにとって初の全曲オリジナル公演『心の旅程』が、一年足らずで早くも千秋楽。

SNH48グループはこの間、姉妹グループ含む全チームの公演を、すべてオリジナル公演にしただけでなく、その最初の全曲オリジナル公演『心の旅程』が、すでに最終日を迎え、さらに新しい全曲オリジナル公演の準備に入るということになる。

ちなみに上海SNH48チームSIIはまだ『心の旅程』公演を続けているが、たぶんその理由は一期生メンバーは劇場外の仕事に多忙なこと。

そして、ダイモン(戴萌)、キキ(許佳琪)、タコちゃん(張語格)が、新派生チーム「7 SENSES」の活動を介しして、メンバー全員がそろって新公演のレッスンができないことだと思う。

とにかくSNH48運営会社の経営スピードの速さにはびっくりする。

その北京BEJ48チームBは、新公演までのつなぎとして、上海SNH48の各チームが過去にもやったようにベスト公演『十八の輝く瞬間』を2017/04/15(土)から開始する。

(そのセットリストに、AKB48楽曲が戻ってくるので、結局AKB48から離脱できてないじゃないかというツッコミは入れる価値はあるけれど)

その『十八の輝く瞬間』の2017/04/23(日)公演に、何と広州GNZ48チームGのトップメンバー4人が出演するという、完璧な企画。

出演するのは、広州GNZ48チームGのKiko(李沁潔)、キツネちゃん(高源婧)、レイレイ(謝蕾蕾)、soso(張瓊予)の4名。

もともと上海SNH48五期生で、広州に移籍したKiko(李沁潔)、キツネちゃん(高源婧)、レイレイ(謝蕾蕾)の3人が、同じく上海SNH48五期生で、北京に移籍したメンバーのいるチームBの公演に出演するということは、上海SNH48に一時期だけ存在したSNH48チームXII A組、B組が復活するということなのだ。

過去の経緯を知らない人にとっては、何がうれしいのか全く分からないと思う(笑)。

こちらが上海SNH48五期生チームXII A組 2015/12/16の公演。

このSNH48チームXII A組のうち、後に移籍したのは2人だけ。広州GNZ48チームG ライオン(曾艾佳)、二列目最後の広州GNZ48チームGキツネちゃん(高源婧)。

そしてこちらが上海SNH48五期生チームXII B組 2015/12/17の公演。

自己紹介MCの順番で移籍組だけ拾ってみると、こちらのB組はほとんどが移籍組だ。

北京BEJ48チームB いーしゃん(段藝璇
北京BEJ48チームB パオツ(胡曉慧
北京BEJ48チームB 宋思嫻(ソン・スーシャン)
北京BEJ48チームB アイスクリーム(馮雪瑩
広州GNZ48チームG だんご(陳雨琪
広州GNZ48チームG レイレイ(謝蕾蕾
広州GNZ48チームG CK(陳珂
広州GNZ48チームG ペイペイ(林嘉佩
北京BEJ48チームB テンテン(田姝麗
広州GNZ48チームG Kiko(李沁潔
広州GNZ48チームG アベル(張凱祺
広州GNZ48チームG サマー(陽青穎

上海SNH48チームXII A組、B組は上の動画のように、ともに『シアターの女神』公演でデビューしている。なのでレパートリーの面でも、広州GNZ48にいる元SNH48五期生は、北京BEJ48チームBのベスト曲公演に合流できるわけだ。

久しぶりに以前のSNH48チームXII A組、B組メンバーが同じ舞台に立つのを見て、ファンが感激しないわけがない。

なのでこれは、完璧な企画。

以前も書いたけれど、いまのSNH48グループが北京、広州に根を下ろすことが出来ているのは、SNH48五期生の移籍組の功績だということは、いくら強調してもしすぎということはない。