SNH48の新派生ユニット 1stシングル『Girl Crush』音源公開、HIP HOPとDUB STEPの融合!?

SNH48の新派生ユニット「7 SENSES」のファースト・シングル『Girl Crush』音源が公開された。

7 SENSES 『Girl Crush』

SNH48運営のキャッチフレーズによれば「7 SENSES」は「SNH48国際化小分隊」とのこと。

「いままでの音楽スタイルを大胆に突破し、HIP HOPとDouble Stepの曲風を融合させ、アメリカのストリート感をそのままに表現し」たらしい。韓国じゃなくてアメリカだったようだ。

個人的な感想は、音が清潔すぎる。

グーグルで調べたところ、DUB STEP(運営のツイートでは double step とあるが正しくは当然 dub stepだろう)のあのブンブンというベースは「ワブルベース wobble bass」というらしい。

この曲、ベースラインがそもそもサビの部分くらいしかはっきり聴こえてこないし、そのベースの「ワブり具合」も、曲の最後の30秒を除いて、控えめすぎて物足りない。

それ以上に不満なのは、ボーカルの音色が清潔すぎること。HIP HOPやDUB STEPでボーカルをこんなにクリアに美しく聴かせていいんだろうか。

サビの「This is the girl crush」というRAPの部分さえ全く歪んでない。ここはメロディーに乗っていないんだから、思いっきり歪ませても構わないのでは。

ボーカルがこれだけ美しいということは、結果的にアメリカのストリート・ミュージックじゃなくて韓流だという気がする。

この曲でDUB STEPとして聴くに耐えるのは、02分44秒のブレイクからの30秒だけだろう。

またHIP HOPとしては曲の冒頭から気になる。最初の「Yo!」が2小節目の3拍目、次の「Ah!」も2小節目の3拍目。こういうきれいにそろいすぎたリズムも、あまりHIP HOPっぽくない。

そしてサビの「BOOOM!!」がこの曲で最も重要なフックだと思うのだが、インパクトが弱すぎる。ここは公演のOverture級の男性コーラスを入れるべきではないのか。

以上、ティザー映像はいろんな意味でインパクトがあったのだが、その期待が大きく裏切られて意外に大人しすぎる楽曲でした。

シェアする