毎回客の入りが分かってしまうSNH48全曲オリジナル公演『心の旅程』4曲目『モナリザに自撮りはない』で姉妹グループの集客を比較

SNH48グループの劇場の客の入りを気にする現地ファンは当然いるけれど、いちばん最近できた姉妹グループ瀋陽SHY48は大丈夫?という声があった。

SNH48チームSIIの全曲オリジナル公演『心の旅程(心的旅程)』の4曲目に『モナリザに自撮りはない』という曲がある。

この曲、毎回最後にメンバーと客席が記念写真におさまることになっていて、オンライン生放送でもその写真が放送される。

そして、北京BEJ48チームB、広州GNZ48チームG、瀋陽SHY48チームSIIIが、お下がり公演としてこの『心の旅程』を定期上演しているので、客の入りが分かってしまう。

現地ファンをちょっとびっくりさせた、2017/03/03(金)瀋陽SHY48の記念写真がこちら。

冗談かと思うほどの「空席祭り」だ。

この写真だけ見ると、やっぱりいちばん最近できた瀋陽SHY48はまだまだ、と思ってしまうが、実は、単に金曜日だからというオチ。

同じ瀋陽SHY48チームSIIIの2017/02/25(土)公演の記念写真はこちら。

左奥に空席が見えるものの、7割くらいはうまっている。

ただ、北京BEJ48チームBは、2016/01/11の金曜日でも下図のように満席。(中央は通路)

北京BEJ48チームB、2016/11/19の土曜日は当然、満席。

そして広州GNZ48チームGも、2016/10/29の土曜日は満席。

広州GNZ48チームG、2017/02/17の金曜日でも満席。

そして先輩の上海SNH48チームSIIは、さすが、2017/03/02の木曜日でもほぼ満席。

以上、たしかに同じ金曜日で比べると、瀋陽SHY48は北京BEJ48、広州GNZ48と較べてまだまだだが、土日はそこそこの集客がある、というお話でした。

シェアする