広州GNZ48元宵節特別公演、瀋陽SHY48バレンタイン特別公演はAKB48愛でいっぱい

SNH48グループの先週末は、中国旧正月十五日の「元宵節」をお祝いする特別公演と、バレンタイン特別公演で、ふだんの定期公演にはない楽曲や、いろんな特別コーナーがあった。

コントや漫才は中国語が聞き取れないと面白くないので、見ただけで分かるものを動画でご紹介。

と、言いながらまず上海SNH48チームSIIチュエチュエ(成珏)生誕祭のMCコーナー

MC3のコーナーがなぜか2倍速ダンスコーナーに(笑)。MCのお題が公演のダンスを倍速で、という内容だったので、最初はメンバーが自分で倍速にして踊ってみていた。

ところが調整室のスタッフが、ほんとうに倍速で曲を流し始めたから、さあ大変、という流れ。

SNH48チームSIIのMCは、SNH48チームNIIのMCが純粋な「話芸」なのと違って、言葉がわからなくても動きで笑えるものがよくあるので、中国人でなくても楽しめる。

次は、やはり元宵節もバレンタインも関係なく、はるか(熊心瑤)生誕祭から、彼女自身の特別コーナーでAKB48楽曲ダンスメドレー。

踊っている曲は以下の6曲。息を切らしてでも踊りたい大好きな曲に違いない。


M01. 大声ダイヤモンド
M02. 言い訳Maybe
M03. 君のことが好きだから
M04. 回遊魚のキャパシティ
M05. 今度こそエクスタシー
M06. 愛を語る詩人になれなくて

はるか(熊心瑤)がどれだけAKB48のことが好きでSNH48グループに入ったかがよ~く分かる。ファンも精一杯のコールでノリノリ。

こういう現地の熱烈なAKB48ファンを敵に回して、AKB48運営は中国で何をするのだろう。

はい。ここからが元宵節特別公演。広州GNZ48チームNIII(SNH48六期生移籍組中心)、チームZ(GNZ48一期生)合同。

まず広州GNZ48チームZ チャーフェイ(王翠菲)、チームNIIIりんたん(肖文鈴)のラテンダンス2曲連続。じっさいに2曲連続だった。

SNH48七期生相当の広州GNZ48チームZに、また逸材。チャーフェイ(王翠菲)。こういうダンスの基礎があるかどうかで、スタート地点が全然違ってくるんだろう。

そして、いまさらながらチームNIIIりんたん(肖文鈴)のプロフィールを見ると、たしかに特技にラテンダンスとあるが、ここまで大人っぽい雰囲気になるとは思わなかった。

次は、ついに広州GNZ48チームZの体操選手、ピカ(陳梓熒)が新体操のロープを披露。

瀋陽SHY48チームSIIIには雑技団出身の双子の姉妹、広州GNZ48チームZには新体操選手。いろいろと面白いSNH48姉妹グループ。

次は、広州GNZ48チームNIII Kimmy(鄭丹妮)も、たぶん初披露の空手。

ただし、さすがチームNIIIの人気メンバー、ちゃんとコント仕立てになっている。

途中でKimmy(鄭丹妮)に挑戦を仕掛けるのはチームZで一番人気のメンバー、ワイワイ(王盈)。最後は板に「陳珂」と書かれている。先輩の広州GNZ48チームGメンバー、CK(陳珂)のこと。

「珂珂、ほんとにわざとじゃないの!わざとじゃないよ!」と泣きながら退場(笑)。

そしてここからは、改めてメンバーと観客が一体になった「AKB48愛」。こういう特別公演のたびに、ふだん聴けないAKB48楽曲を踊るのだが、そのときの観客の異様な盛り上がり。

みんなAKB48を愛してるんです。(いずれも広州GNZ48元宵節特別公演)

広州GNZ48チームZ 『転がる石になれ』

広州GNZ48チームHIII&Z 『After Rain』。マイクが半分開いている。

広州GNZ48チームHIII 『チャイムはLOVE SONG』

広州GNZ48チームZ 『ボーイフレンドの作り方』

メンバーの楽しそうな表情。メンバーと観客はこんなにAKB48を愛してるんです。

運営会社どうしの大人の事情とは無関係に。

広州GNZ48チームZ 『嵐の夜には』

この『嵐の夜には』は、チームZのサークル(楊媛媛)、スーユエ(王偲越)、シャオユー(張心雨)、ワンツー(王秭歆)の4人。

椅子の上に立ったシャオユー(張心雨)が天井に頭をぶつけそうな勢いだが、それもそのはず。

サークル(楊媛媛)170cm
スーユエ(王偲越)166cm
シャオユー(張心雨)171cm
ワンツー(王秭歆)169cm

ということで、165cm超えの4人。長身4人組の『嵐の夜には』。

広州GNZ48チームNIII 『天使のしっぽ』

もーちん(陳慧婧)、リカちゃん(唐莉佳)、ナンシー(陳倩楠)、チェンチェン(劉倩倩

瀋陽SHY48チームSIII 『君のことが好きだから』(バレンタイン特別公演より)

瀋陽SHY48がこの曲というのは少し意外だったが、バレンタイン特別公演にちなんでの『君のことが好きだから』。観客の「我!喜!欢!你!」というコールも完璧。

まだあまりご紹介していないが、瀋陽SHY48チームSIIIメンバーにもディープなオタク女子が何人かいる。

次の2つは生誕祭から。

広州GNZ48チームNIII りんたん(肖文鈴)生誕祭『FIRST LOVE』『ギンガムチェック』

マイクは全開。生誕祭の特別曲はメンバー自身が決められる。りんたん(肖文鈴)のAKB48愛の表現。

上海SNH48チームHII ニーズ(謝妮)生誕祭『恋の傾向と対策』

同じチームHIIのジェニー(孫珍妮)といっしょに歌っている。左がジェニー(孫珍妮)、右がニーズ(謝妮)。

この曲はチームHIIが『手をつなぎながら』公演でずっと踊っていたので、派生ユニット「COLOR GIRLS」の2000年生まれコンビのファンサービスということで。

最後の2曲は、中国人ならみんな知っているけれど、日本人はほぼ誰も知らないC-POPの特別曲。

瀋陽SHY48チームSIII 『愛我別走』劉嬌 賴梓惜 劉娜

双子の劉嬌劉娜はこういう演出の特別曲にはピッタリ。ギターは録音だが、中央の賴梓惜はじっさいにギターが弾けるし、歌唱力もチームSIIIの中では高い方。

注目点は、女子高生の制服で歌っている点と、普通のC-POPでも客席がちゃんとコールをしている点(笑)。

広州GNZ48チームZ ジェイ・チョウ(周傑倫)『青花瓷』

メンバーの漢服による優雅な舞踊も美しいし、観客が歌詞を覚えていてワンコーラス歌い切っている点が素晴らしい(笑)。

さすが中華圏の大スター、ジェイ・チョウのヒット曲『青花瓷』だけのことはある。

でも、こういうふつうのC-POPでもメンバーと観客が一体になれるのは、やっぱり根底に「AKB48愛」があるからこそ。

大事なことは何度でも書く。メンバーも観客も全員、AKB48を愛している。