SNH48次の姉妹グループは重慶CHQ、その次が武漢WHN48か?

上海SNH48の姉妹グループ展開につき、北京BEJ48、広州GNZ48、瀋陽SHY48と来て、次は重慶CHQ48でほぼ確定らしい。

中国政府の「国家企業信用情報公示システム」で、とりあえず「絲芭文化」という、SNH48グループ共有の運営会社名をあらためて調べてみた。

設立日を見るとAKB48運営会社が現地のスピード感にまったく追いつけなかったのが分かる。

上海SNH48運営会社: 2010/05/19
広州GNZ48運営会社: 2015/07/22
北京BEJ48運営会社: 2015/08/06
瀋陽SHY48運営会社: 2015/11/26
成都???48運営会社: 2015/12/07
南京???48運営会社: 2016/01/15
武漢WHN48運営会社: 2016/03/04
重慶CHQ48運営会社: 2016/04/14

これらすべての会社が、AKB48運営がSNH48と手を切る2016/06までに設立済み。

しかもこれらはこちらの「国家企業信用情報公示システム」サイトで誰でも検索できる完全公開情報。

AKB48運営へのツッコミはこれくらいにして、設立日がいちばん遅い重慶CHQ48が次とのことで、成都、南京、武漢のファンはがっかりかもしれない。

ただ、重慶は北京、上海、天津とならぶ「直轄市」(Wikipedia)なので妥当という意見もある。

日本人には重慶が「CHQ48」になるのは分かりづらいが、中国語の発音記号ピンインで「CHóng Qìng」のため。

チーム名は、チームC、チームHIV、チームQになるはず。

上海SNH48運営配下の「チームH」は、SNH48のチームHII、次が瀋陽SHY48で結成予定のチームHIII。重慶はチームHIVになる。

チームHIV。

HIV…。

ということで中国2ちゃんねるで現地ファンの間ではさっそく、メンバーの百合カップリングと「HIV」がネタになっている。ネタにするには不謹慎過ぎるのであまり盛大なネタにしないで欲しいけれど。

また、上記資料によれば重慶CHQ48運営会社の住所は重慶市江北区海爾路だが、現地ファンによれば重慶中心部から離れているので、劇場は別の場所だろうとのこと。

そういえば意思決定スピードが速いことに関連して、上海SNH48運営会社に現地ファンからツッコミが入っていた件がある。

各姉妹グループの生活センター(メンバーの宿舎)には食堂があり、メンバーに食事が提供されているが、SNH48生活センターが食事を提供するための当局の許可を最近まで取り忘れていて、罰金を支払わされたらしい。

そういう「ゆるさ」がありつつも、中国のSNH48運営会社はものすごいスピードで事業展開している。

シェアする