広州GNZ48星夢劇院開業後のPR映像公開

広州GNZ48運営が、開業後の広州GNZ48星夢劇院のPR映像を制作して、中国ツイッター(新浪微博)でツイートしていた。

じっさいに運営されている劇場の様子が映っていてとても興味深い。

↓劇場の入っている中泰国際広場という高層ビルだが、外から見た広告の左半分が、大型液晶モニターというところが何気にお金がかかっていてすごい。

↓秋葉原のAKB48劇場よりハイテクなコインロッカー。鍵ではなく、QRコードが印刷された紙が鍵になっていて、スキャンすると自分の番号のロッカーが開くようになっている。

↓ショボいラテアートだけれど、エスプレッソマシンのあるレベルのカフェ併設というところが良い。

↓これは当然といえば当然だけれど、左からチームG、NIII、Zメンバー全員の公式写真。広州GNZ48もあっという間にこれだけの規模になった。

↓チームGが上演している、SNH48チームSIIのお下がり全曲オリジナル公演『心の旅程』、アンコール明けの『潮流冠軍(時代のチャンピオン)』の吊り下げマイク。北京BEJ48劇場、瀋陽SHY48にはない。

↓公演終わりに観客がチケットの半券で、好きなメンバーに投票できる。SNH48星夢劇院の投票箱はメンバーごとに一箱だけれど、広州GNZ48の投票箱は1チーム一箱にコンパクトにまとまっているらしい。

↓公演終わりのメンバーの見送りがこんな状態になっているとは知らなかった。高層ビルの前庭が広いので、SNH48星夢劇院では考えられない豪華な見送り風景。手前のマイクロバスに乗って、メンバーは生活センター(宿舎)に帰る。

なにせ現地に行けないので、いろいろと勉強になるPR映像でした(汗)。

シェアする